自動車業界ニュース
2020年05月31日(日)
 自動車業界ニュース

起亜自動車アメリカ、「後席置き去りアラート」を全「テルライド」に搭載

新着ニュース30件






























起亜自動車アメリカ、「後席置き去りアラート」を全「テルライド」に搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加
起亜自動車アメリカ、2025年までに全モデルへ搭載
起亜自動車アメリカ(Kia Motors America)が、「後席置き去りアラート」システムを全ての「テルライド」に搭載したと、9月10日に発表している。

同社とアメリカ自動車製造者同盟、そしてグローバル自動車メーカー協会のメンバーらが、2025年までに「後席置き去りアラート」システムを、ほとんどのモデルへ搭載するとしている。そのコミットメントの一環として今回、同社が全「テルライド」に搭載するに至った。

19619
超音波センサーで後席の乗員を検出 警報で置き去り防止
「後席置き去りアラート」システムでは、超音波センサーを用いて2列・3列目の後席の乗員を検出する。メーターパネルからのチャイムとメッセージ、クラクション、テキストの受信といった3つの警報で置き去りを防止する。

起亜自動車アメリカ(Kia Motors America)のCOOであるマイケル・コール氏は、
「暑い車内に残された子どもが今年だけで41人、1990年から2018年にかけては891人が死亡している。全てのテルライドに標準搭載された後席置き去りアラートで、将来にも起こり得る事故を防いでいく。」(プレスリリースより引用)
と語った。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Kia Motors America プレスリリース
https://www.kiamedia.com/


Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • テネコ、「GOETZE」工業用スパークプラグ4種を発売(5月31日)
  • ヒュンダイ自動車インド、サイクロンの影響を受けた地域で顧客支援を実施(5月31日)
  • ヴァレオ、フランス政府の自動車業界復興計画で48V電気モーターを増産へ(5月30日)
  • ヒュンダイ、ソニー・ピクチャーと戦略的パートナーシップ(5月30日)
  • Gestamp、欧州投資銀行から2億ユーロを融資(5月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索