自動車業界ニュース
2019年11月19日(火)
 自動車業界ニュース

メリトール、ユーティリティ車両と建設車両向けソリューションを強化

新着ニュース30件






























メリトール、ユーティリティ車両と建設車両向けソリューションを強化

このエントリーをはてなブックマークに追加
独立フロントサスペンションとトランスファーケース
メリトールは、電力会社および建設業界向けのソリューションを拡大し、独立フロントサスペンション(IFS)の軽量バージョンと強化されたトランスファーケースを提供する。

23694
メリトール、専用製品担当ディレクターであるJim Keane氏は、次のように述べた。
「両製品は、ユーティリティ車両および建設車両の厳しい要求に対応するメリトールの実証済み技術で、専用に作られている。メリトールは、この市場に向けた汎用製品の堅牢なポートフォリオを作ることによって、エンジニアリングと製品開発における卓越性を強化することを推進している。」(プレスリリースより引用)

クラス6~7トラックのIFSバージョンは、2017年に発売されたオリジナルのサスペンションよりも軽量で、大きい285ミリの基準ホイールエンドを含んでいる。軽量のエアーディスクブレーキは、北米の標準的なリムとタイヤに適合している。また、ベントローターはオプションである。

剛性のある前輪駆動アクスルとリーフスプリングサスペンションを装備したトラックとは異なり、メリトールのボルトオンモジュラー設計は、フレームレールの変更が不要に鳴り、車両の取り扱い、あんてん製、コントロールが向上する。

総車軸定格最大22,000ポンドのIFSには、最新のステアリングジオメトリと、薄型のオンザフライトランスファーケースが装備されている。

高い耐久性とトルク能力、パッケージングを提供
サスペンションの非駆動バージョンは、独立サスペンションの安全上の利点を必要とする後輪駆動車両を保有する輸送会社も利用することができる。

強化された2速MTC-4200-XL-ECシリーズのトランファーケースは、ユーティリティ車両向けと、中型と大型、オンハイウェイとオフハイウェイ向けのモビリティと耐久性を提供するように設計されている。

新しいオイル分配システムは、シャシーに取り付けられたクーラーへのオイル量を増やす。

サンプオイルの温度は、最大入力速度で、メリトールの従来モデルよりも15%低下する。精密研磨ギヤは、最も厳しい用途で、耐久性とトルク能力を提供し、シフトオンザフライフロントアクスルの噛み合いは、自動エンゲージメントシステムと互換性があり、優れたドライブトレインパッケージングを提供する。

(画像はMeritorより)


外部リンク

Meritor News
https://www.meritor.com/meritor-today/news/2019/20191001


Amazon.co.jp : 23694 に関連する商品
  • HELLA、リレー事業を中国のHongfaに売却(11月19日)
  • Rheinmetall、電気自動車向けエアコンコンプレッサーを開発(11月19日)
  • ブリヂストン、子会社の技術者がASEマスター・テクニシャン・オブ・ザ・イヤーに選出(11月19日)
  • Rheinmetall Automotive、中国の世界的自動車メーカーから大型注文を獲得(11月19日)
  • Rheinmetall、プラスチック製燃料蒸気ポンプアセンブリーを共同開発(11月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索