自動車業界ニュース
2019年11月19日(火)
 自動車業界ニュース

フォルシア、合弁会社SASの株式残り分50%をコンチネンタルから取得へ

新着ニュース30件






























フォルシア、合弁会社SASの株式残り分50%をコンチネンタルから取得へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
様々な製品ラインでシステム統合
フォルシアは、10月14日、コンチネンタルから、合弁会社SASの残り分、50%の株式を取得するための覚書に署名したことを発表した。取り引き金額は2億2,500万ユーロで、2020年始めに取り引きが完了する予定である。

12138
1996年に設立されたこの合弁会社は、複雑なインテリアモジュールの組み立てとロジスティクスにおいて重要な役割を果たしており、ヨーロッパ・北米・南米にある19の施設で4,490人を雇用している。2019年の売上高は大きく伸び、約7億ユーロに達すると予想されている。

このプロジェクトは、すべてのインテリアモジュール、および、ディスプレイ・エレクトロニクス・センサー・熱管理など、フォルシアの新しい製品ラインをカバーするために、フォルシアによるシステム統合の提供が拡大される。

システムの統合と複雑性管理におけるSASコアコンピタンスの追加は、フォルシアのジャストインタイムプラントネットワークも強化している。

強力な成長の可能性
このプロジェクトにより、フォルシアは、営業利益率や純利益、使用資本利益率が迅速に増加されることが期待される。財務実績は、インテリアビジネスグループに統合され、製造エンジニアリング、ロジスティクス、フットプリントの最適化、購入、販売費および一般管理費において相乗効果が得られる。

大きな成長の可能性を示す注文書で、売り上げは2024年までに10億ユーロ以上となる見込みである。また、特に中国における地域と顧客の多様化を通して、成長が加速される。

フォルシアのCEOであるPatrick Koller氏は、次のように述べた。
「フォルシア・クラリオン・エレクトロニクス事業グループの設立に続き、このプロジェクトは、我が社のコクピットシステムの専門知識を、未来のコクピットに向けて強化する。SASは、強力な成長の可能性を持っており、戦略的および財政的に、フォルシアにとって優れた機会を提供する。」(プレスリリースより引用)


(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Faurecia Press Releases
https://www.faurecia.com/


Amazon.co.jp : 12138 に関連する商品
  • HELLA、リレー事業を中国のHongfaに売却(11月19日)
  • Rheinmetall、電気自動車向けエアコンコンプレッサーを開発(11月19日)
  • ブリヂストン、子会社の技術者がASEマスター・テクニシャン・オブ・ザ・イヤーに選出(11月19日)
  • Rheinmetall Automotive、中国の世界的自動車メーカーから大型注文を獲得(11月19日)
  • Rheinmetall、プラスチック製燃料蒸気ポンプアセンブリーを共同開発(11月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索