自動車業界ニュース
2020年07月08日(水)
 自動車業界ニュース

ZF、ダンフォスシリコンパワー社と戦略的パートナーシップ契約を締結

新着ニュース30件






























ZF、ダンフォスシリコンパワー社と戦略的パートナーシップ契約を締結

このエントリーをはてなブックマークに追加
電気ドライブラインの効率性を改善
11月14日、ZFは、ダンフォスグループのダンフォスシリコンパワー社(以下ダンフォス)と結ぶ既存契約を拡大させ、SiC(シリコンカーバイド)パワーモジュールを対象にする戦略的パートナーシップ契約を締結すると発表した。

ダンフォスは、SiCパワーモジュールに特化する。新たなパートナーシップ契約締結は、パワーモジュールとインバーター間のインターフェースでエンジニアリングとコストメリットを活用し、電気ドライブラインの効率性を改善させることを目的とする。

また、ダンフォスは、ZF量産プロジェクトにおける自動車用トラクション電源モジュールの供給契約を獲得した。

11581
未来のドライブラインにおける開発とイノベーション
ZF eモビリティ事業部長のイェルク・グローテンドルスト(Jörg Grotendorst)氏は、2社の力を溜められ、ZFとダンフォスは強固かつ長期的なパートナーシップ関係になると述べる。

パートナーシップ関係を通して、インバーターの技術的・商業的な競争力は向上し、非常に重要なイノベーションの可能性が開け、ハイブリッド車から電気自動車に至るまで、ドライブトレインアプリケーションにおける利点を活用すると補足する。

今回のパートナーシップ契約締結により、2社は、新たに共同研究開発イニシアチブを立ち上げ、パワーモジュールとインバーター間のインターフェースを共同で開発する。合わせて、新しいイニシアチブの最初の主要なマイルストーンとして、ダンフォスは、ZFよりパワーモジュール供給契約を獲得した。

ZFの大規模な量産プロジェクトに対して、シリコンアプリケーション向けにパワーモジュールを供給する。400V標準アプリケーションに加えて、2社は、セグメントリーダーの地位を得るべく、量産プロジェクト向けに800V SiCパワーモジュールの共同開発を進める。

2社の専門性を融合することにより、eモビリティドライブライン向け技術ソリューションは革新でき、電気ドライブラインの効率性は改善し、排ガス削減が実現できる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ZF
https://press.zf.com/releases/release_12993.html


Amazon.co.jp : 11581 に関連する商品
  • ケーヒン、傘下の南京京濱化油器有限公司が中国企業から「最優秀取引先賞」を獲得(7月7日)
  • ヒュンダイ自動車、燃料電池の大型トラック「エクシエント」をスイスに輸出(7月7日)
  • Motherson Sumi Systems、グループの組織を再編(7月7日)
  • プラスチックオムニウム、「Top Management feminization in SBF 120」で25位(7月6日)
  • ヒュンダイ自動車インド、「VENUE」にiMTをインドで初めて搭載(7月5日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索