自動車業界ニュース
2019年03月27日(水)
 自動車業界ニュース

ヒュンダイ自動車「NEXO 2019」をスマートモビリティサミットで公開

新着ニュース30件






























ヒュンダイ自動車「NEXO 2019」をスマートモビリティサミットで公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
第5回スマートモビリティサミットで「NEXO」を公開
韓国最大の自動車メーカーのヒュンダイ自動車、そのグループ会社であるヒュンダイ自動車アメリカ(Hyundai Motor America)が、「NEXOフューエルセルSUV」をスマートモビリティサミットで公開すると、3月7日に発表した。

代替燃料とスマートモビリティに特化した国際会議・展示会のスマートモビリティサミットが、テキサス州オースティンで開催される。そこで同社は先進技術を搭載した「NEXOフューエルセルSUV」を公開し、同時にデモンストレーションも行う予定だ。

業界で最も多様なSUVラインアップを擁す同社が、エコカー市場で先導する最新車を披露し、エコカーにおける技術的な課題に答えを示すとしている。

19619
「ツーソンFCEV」よりも航続距離が115マイルも長く
「NEXO」のブルーモデルは、「ツーソン」よりも航続距離が115マイルも長い、推定380マイルで、町中では1ガロン当たり65マイル、高速道路では58マイルとなる。

ヒュンダイ自動車アメリカ(Hyundai Motor America)製品・営業・デジタル企画部門の副社長であるマイク・オブライエン氏は、
「消費者がよりクリーンな環境を求め、様々な交通手段を検討する中で、我々は水素エネルギーがより持続可能な社会の実現に向けた、重要な部分として認識している。」(プレスリリースより引用)
と語っている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Hyundai Motor America プレスリリース
https://www.hyundainews.com/en-us/releases/2730


Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • シェフラー、革新的なトルクトラッキングシステムを開発(3月27日)
  • HELLA、融合プラットフォームで完全な自動運転機能の開発を推進(3月26日)
  • コンチネンタル・MECプロジェクトに参加、未来の車と環境のために(3月26日)
  • ZF、アフターマーケット「Lemförder」のサービスパックを拡張(3月26日)
  • コンチネンタル、建設車両のデジタル化とコネクティビティを促進(3月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索