自動車業界ニュース
2019年04月25日(木)
 自動車業界ニュース

コンチネンタル、初の電気バス用タイヤを発売

新着ニュース30件






























コンチネンタル、初の電気バス用タイヤを発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
初の電気バス用タイヤ
4月8日、コンチネンタルは、都市交通向けの電気バス用タイヤ「Conti Urban HA3 315/60 R22.5 154/148J (156/150F)」を初めて発売すると発表した。

「Conti Urban HA3」はグリップ性、頑強性、負荷能力が高く、コーナリングの安定性とハンドリングの安全性に優れる。高い性能・機能により、電気バス乗客に対して安全なサービスを提供できる。

1674
高い安定性と安全性
電気自動車は、バッテリーが重くなる。電気バス用タイヤは車体の全重量を支える耐久性をもち、そのうえで、トルク伝達性能を高め、伝達効率を向上させることが求められる。

「Conti Urban HA3」は天然ゴムの配合割合が多く、タイヤの配線密度・厚みは高まる。タイヤ外包の頑強性・耐久性は向上し、傷・ひび割れに対する抵抗力は増し、耐久マイルや寿命は延びる。

また、頑強性・耐久性に加えて、平均以上の負荷能力を兼ね備える。同サイズの負荷能力規格を超え、タイヤ1本は8トンの負荷能力を維持でき、「Conti Urban HA3」の荷重指数(ロードインデックス)は増加する。

タイヤは充填する空気圧によって負荷能力が変わり、荷重指数とは規定の条件下において、タイヤ1本で支えられ、バーストしない最大負荷能力(最大耐荷重)である。

優れたグリップ性と快適性
タイヤの配線密度・厚みが高まることにより、グリップ性は増す。濡れた路面に対する掴む力も強く、安全で安定な走行を可能にする。

合わせて、サイプ(トレッド面にある細かい溝)はジグザグ状であり、走行音は軽減する。乗り心地は改善され、快適性は増す。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Continental プレスリリース
https://www.continental-corporation.com/


Amazon.co.jp : 1674 に関連する商品
  • デーナ、上海モーターショー2019にてTM4 MOTIVEモーター・インバーターを初披露(4月25日)
  • アイシン精機、合弁会社「愛信(安慶)汽車零部件有限公司」を設立(4月25日)
  • デーナ、電動車両の整備とメンテナンスに関するトレーニングビデオを拡充(4月25日)
  • イートン、Yuchai Groupに圧縮圧開放式エンジンブレーキを供給(4月25日)
  • マグナインターナショナル、モロッコに2つ目の製造拠点を新設(4月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索