自動車業界ニュース
2019年09月19日(木)
 自動車業界ニュース

ボッシュ、2030年を目処に空飛ぶタクシーの実現を計画

新着ニュース30件






























ボッシュ、2030年を目処に空飛ぶタクシーの実現を計画

このエントリーをはてなブックマークに追加
空を飛ぶ自動車の可能性
5月21日、ボッシュは、最先端センサー技術を駆使し、安全性、快適性、利便性の高い空飛ぶタクシーの実現を目指していると発表した。また、2020年には、ドバイ、ロサンゼルス、ダラス、シンガポールにて試験飛行が予定されている。

オートモーティブ・エレクトロニクス事業部長のハラルド・クレーガー(Harald Kröger)氏は、主要都市では少なくとも2023年を目処に、空飛ぶタクシーの運航を開始し、先駆的に未来市場を形成したいと述べる。

1723
自動運転かつ空飛ぶタクシーの実現に向けて
自動運転かつ空飛ぶタクシーの実現には、市場におけるギャップを認識する必要がある。自動運転、空飛ぶタクシーに従来の航空宇宙技術を活用した場合、費用負担、車両サイズ・重量は大きくなる。

一方、自動運転向けセンサー、横滑り防止装置(ESP)には、市場のギャップを埋める潜在性を秘めている。それゆえ、現在、ボッシュのエンジニアチームは、複数のセンサーを組み合わせ、空飛ぶタクシー用ユニバーサルコントロールユニットの開発を目指している。

既存のユニバーサルコントロールユニットは、空飛ぶ車の位置を感知する性能を兼ね備えている。また、加速度センサー、ヨーレートセンサーにより、空飛ぶ車の走行状況と迎え角を正確に測定できる。

ボッシュのセンサー類はコンパクトかつ軽量であり、プラグアンドプレイ規格によりセンサーを自動車に搭載するだけで自動的に接続認識・設定が行われる。

今後、主要都市では最短で2025年に、スタッフが地上から車両操作を行い、空中を飛行させる計画である。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

BOSCH
https://www.bosch-presse.de/
Amazon.co.jp : 1723 に関連する商品
  • HELLA、第一汽車グループとの業務提携を強化(9月19日)
  • コンチネンタル、タイヤ産業向けのアプリケーション開発で合同会社を設立(9月19日)
  • 起亜自動車アメリカ、「後席置き去りアラート」を全「テルライド」に搭載(9月18日)
  • HELLA、電気およびハイブリッド車向けブレーキ流体製品の範囲を拡大(9月18日)
  • ZF、フォルシアとSHIコックピットを共同開発(9月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索