自動車業界ニュース
2019年06月27日(木)
 自動車業界ニュース

起亜自動車アメリカ「スティンガー 2019」、IIHSから「TSP+」を獲得

新着ニュース30件






























起亜自動車アメリカ「スティンガー 2019」、IIHSから「TSP+」を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
「正面衝突回避システム」などをオプションで搭載も
起亜自動車アメリカ(Kia Motors America)の「スティンガー 2019」が、アメリカ道路安全保険協会(IIHS)から「トップセーフティーピックプラス(TSP+)」を獲得したと、同社が6月5日に発表している。

同社は、韓国最大の自動車メーカーであるヒュンダイ自動車(Hyundai Motor)のグループ会社で、アメリカ国内におよそ800か所にディーラー・ネットワークを擁している。

新型ファストバック・セダン「スティンガー 2019」には、「正面衝突回避システム」や「歩行者検出システム」、そして「LEDヘッドライト」がオプションで搭載されるなどし、安全性に優れた自動車に与えられる「トップセーフティーピック+(TSP+)」を獲得した。

19619
「TSP」及び「TSP+」の獲得車が合計で10台に
IIHSの「TSP+」を獲得する条件としては、「スモールオーバーラップ衝突テスト」などを含めた6項目の厳しいテストで全て「GOOD」を、「前面衝突回避テスト」で「ADVANCED」若しくは「PUPERIOR」、そして、「ヘッドライト」に関しても「GOOD」の評価を得る必要がある。

「スティンガー 2019」には、初めて「運転注意力警告システム」や「車線逸脱防止支援システム」が導入されたことなどもあり、上記の全てをクリアした。これにより、起亜自動車が「TSP」及び「TSP+」を獲得した自動車は合計で10台に上っている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Kia Motors America プレスリリース
https://www.kiamedia.com/


Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • ヒュンダイ自動車、「Tucson」が最高の安全評価を獲得(6月26日)
  • ヒュンダイ自動車、業界初となる音楽イベントで新型モデルをプロモーション(6月25日)
  • ヒュンダイ自動車、ミッドサイズクロスオーバーSUV「Palisade」2020年新型モデルを米メディアに公開(6月25日)
  • ベントラー、スペインにPSAグループ向け部品の生産を行う新工場を開設(6月25日)
  • ヒュンダイ自動車インドが「自動車初期品質調査」で2位に選出(6月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索