自動車業界ニュース
2019年06月27日(木)
 自動車業界ニュース

Leoni、ジャガーランドローバーから自動車サプライヤ優秀賞を贈呈

新着ニュース30件






























Leoni、ジャガーランドローバーから自動車サプライヤ優秀賞を贈呈

このエントリーをはてなブックマークに追加
フレキシビリティと信頼性が評価
Leoniは、イギリスの自動車メーカーであるジャガーランドローバーから、自動車サプライヤ優秀賞を獲得したことを発表した。

24442
この賞は、Leoniが、ジャガーランドローバーの様々なモデルにケーブルハーネスやその他の配線システム用部品を提供している、そのフレキシビリティと信頼性を評価したものである。両社は長年のパートナーシップを維持しており、その間に新しい電気および電子アーキテクチャなど、将来の自動車用技術も開発されている。

自動車業界は現在、サプライチェーン全体で大きなフレキシビリティを必要とする変革を遂げている。

こうしたことから、毎年、ジャガーランドローバーは、3,500社以上のサプライヤから、この移行をサポートするうえで大きな成果を上げ、ジャガーランドローバーの「顧客第一主義」に最も貢献しているサプライヤ15社を選出している。

2019年5月にイギリスのウェスト・ミッドランズにある本社で開催された授賞式において、ジャガーランドローバーのグローバル購買担当ディレクターであるIan Harnett氏は、次のようにコメントした。
「Leoniは、強いフレキシビリティとプロフェッショナル精神で、我々のセクターにおける変化を管理している。」(プレスリリースより引用)

長年にわたる緊密なサプライヤ関係
1948年以降製造された伝説的な第1世代のランドローバーも、Leoniによってその後買収されるLucas Ristsのケーブルハーネスを装備していた。今では、ワイヤリングシステムや、エネルギーとデータ管理のソリューションが、ジャガーランドローバーの5つのモデルに採用されている。

これらの部品を製造する施設には、エジプトのカイロ、セルビアのMalošište、ルーマニアのアラドなどがある。Leoniのイギリス本社は、ニューカッスル・アンダー・ライムにあり、ここで、部門横断的なチームが、同社の重要顧客を担当している。

現在生産されている最も革新的なソリューションの1つには、アルミニウムバスバーがあり、それは1台の車両につきおよそ1.5キログラムの軽量化を実現している。

ジャガーランドローバーとLeoniとの協力は、生産と物流以外にも数多く行われている。ジャガーランドローバーは、最新車両に使用されているシステムとコンポーネントの一部を開発する役割をサプライヤに託した。

Leoniは、将来的に、バリューチェーンをさらに進化させ、ジャガーランドローバーと共同で新しい世代の電気・電子アーキテクチャについて設計段階から取り組む予定である。

Leoni、イギリス自動車事業担当のエグゼクティブバイスプレジデントであるHelmut Zehnderは、「我々は開発サイクルの早い段階で、我々のノウハウを提供し、顧客が革新的なソリューションで成功するのを支援できることを誇りに思っている。」とコメントした。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Leoni Press Releases
https://www.leoni.com/


Amazon.co.jp : 24442 に関連する商品
  • ヒュンダイ自動車、「Tucson」が最高の安全評価を獲得(6月26日)
  • ヒュンダイ自動車、業界初となる音楽イベントで新型モデルをプロモーション(6月25日)
  • ヒュンダイ自動車、ミッドサイズクロスオーバーSUV「Palisade」2020年新型モデルを米メディアに公開(6月25日)
  • ベントラー、スペインにPSAグループ向け部品の生産を行う新工場を開設(6月25日)
  • ヒュンダイ自動車インドが「自動車初期品質調査」で2位に選出(6月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索