自動車業界ニュース
2019年06月27日(木)
 自動車業界ニュース

コンチネンタル、「dynamic eHorizon」により燃料消費量2%削減

新着ニュース30件






























コンチネンタル、「dynamic eHorizon」により燃料消費量2%削減

このエントリーをはてなブックマークに追加
燃料消費量の削減
6月6日、コンチネンタルは、次世代の「dynamic eHorizon(ダイナミック(動的)イーホライゾン)」により、燃料消費量が更に2%削減できる見込みであると発表した。

「ダイナミック eHorizon」では、クラウドにて、リアルタイムで更新されるデジタルマップを介して、より正確な交通情報が提供される。運転の安全性・効率性・快適さが格段に向上し、自動運転を展開するうえで重要な技術である。

1674
費用かつ環境に配慮
2012年以降、トラックには、「static eHorizon(スタティック(静的)イーホライゾン)」が搭載され、ディーゼル1億リッター以上、二酸化炭素の約3億トンが削減された。

「スタティックeHorizon」は、燃費効率の向上、排ガスの削減を実現させる。ディーゼル車が大半を占めるトラック業界において、費用かつ環境に配慮した製品である。

地図開発メーカーHERE社のGPS信号情報による非常に正確な地形的ルートデータに基づき、前方の地形や交通状況をECU(エレクトロニックコントロールユニット)に送る。ECUsは交通情報に合わせて、自動的に運転スタイル、走行速度を適合させる。

次世代に向けて
現在、「スタティックeHorizon」は、約41万台の商用車に搭載されている。コンチネンタルは、ヨーロッパ、アジア、アメリカの大手を含むトラックメーカー10社に対して、「スタティックeHorizon」を提供している。

アメリカ市場は右肩上がりであり、特に、北米市場において、「スタティックeHorizon」は更なるシェア拡大が期待される。

「スタティックeHorizon」から提供される情報を活用することにより、他システム機能は最適化される。定速走行・車間距離制御装置(ACC)や予測伝送制御は、センサーに実装可能である。

今後、コンチネンタルは、次世代として「ダイナミック eHorizon」の開発を進めていく。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Continental プレスリリース
https://www.continental-corporation.com/


Amazon.co.jp : 1674 に関連する商品
  • ヒュンダイ自動車、「Tucson」が最高の安全評価を獲得(6月26日)
  • ヒュンダイ自動車、業界初となる音楽イベントで新型モデルをプロモーション(6月25日)
  • ヒュンダイ自動車、ミッドサイズクロスオーバーSUV「Palisade」2020年新型モデルを米メディアに公開(6月25日)
  • ベントラー、スペインにPSAグループ向け部品の生産を行う新工場を開設(6月25日)
  • ヒュンダイ自動車インドが「自動車初期品質調査」で2位に選出(6月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索