自動車業界ニュース
2019年07月23日(火)
 自動車業界ニュース

ヒュンダイ自動車インドが「自動車初期品質調査」で2位に選出

新着ニュース30件






























ヒュンダイ自動車インドが「自動車初期品質調査」で2位に選出

このエントリーをはてなブックマークに追加
非プレミアム自動車メーカー部門で2年連続2位に
ヒュンダイ自動車インド(Hyundai Motor India Ltd.)が、J.D.パワーの「自動車初期品質調査 2019(以下IQS 2019)」で2位に選出されたと、6月19日に発表した。

同社は、インド国内最大の自動車輸出業者で、第2位の自動車メーカーだ。

今回、「IQS 2019」の非プレミアム自動車メーカー部門において、2年連続2位に、全ブランドの中における総合評価では引き続き3位に選ばれた。また、新型「サンタフェ」が、ミッドサイズSUVセグメントで1位になり、対象となった21セグメントにおいて、発売年に1位選ばれた数少ないモデルのうちの1つとなった。

19619
「ソナタ」などは3位に 不具合が少ないブランドに
ヒュンダイ自動車インド(Hyundai Motor India Ltd.)の自動車ブランド別にみれば、「ツーソン」や「エラントラ」、「アクセント」、そして「ヴェロスター」が各セグメントで2位に、「KONA」と「ソナタ」が3位にランクインしている。

「IQS」は、新車購入後90日間の品質を調べるものだが、同社の100台あたりの不具合件数が、前年比で3台減少したことも明らかになった。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Hyundai Motor India Ltd. プレスリリース
https://www.hyundai.com/


Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • 運転中の安全と安心を、コンチネンタルのスマートボイスアシスタント(7月21日)
  • ベバスト、「Startup Autobahn」でイノベーションプロジェクトを推進(7月21日)
  • メリトール、「2018 10 PPM Quality Award」を獲得(7月21日)
  • ヒュンダイ自動車、ハイブリッド車向けのASCトランスミッション・テクノロジーを開発(7月21日)
  • ボッシュ、トレーラーメーカーのKnaus Tabbert社と提携(7月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索