自動車業界ニュース
2019年11月14日(木)
 自動車業界ニュース

起亜自動車アメリカ、「自動車初期品質調査」の非プレミアム自動車メーカー部門で1位に

新着ニュース30件






























起亜自動車アメリカ、「自動車初期品質調査」の非プレミアム自動車メーカー部門で1位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
5年連続で1位という快挙を達成 昨年から改善も
起亜自動車アメリカ(Kia Motors America)が、J.D.パワー「自動車初期品質調査(IQS 2019)」の非プレミアム自動車メーカー部門で1位になったと、6月19日に発表した。

同社は、韓国最大の自動車メーカーであるヒュンダイ自動車(Hyundai Motor)のグループ会社で、アメリカ国内におよそ800か所にディーラー・ネットワークを擁している。

「IQS」は新車購入後90日間の品質を調べるもので、同社の自動車100台あたりの不具合件数は72台だった。昨年の不具合件数より少なくなったこともあり、5年連続で1位という快挙を成し遂げている。

19619
「リオ」などを含めた4モデルが各セグメントで1位に
「IQS 2019」では、26セグメント・257の自動車モデルを新車として購入した、76,256人を対象として調査を実施。その結果、起亜自動車アメリカ(Kia Motors America)からは、サブコンパクトカー「リオ」、コンパクトカー「フォルテ」、SUV「スポーテージ」 ミニバン「セドナ」が各セグメントで1位に選ばれた。

同社COOでEVPでもあるマイケル・コール氏は、
「IQSにおいて、全マスマーケット・ブランドの中で再びトップに選ばれたことは、非常に光栄なことだ。また、5年連続1位になったことで、クオリティとオーナーエクスペリエンスにコミットする会社としてもトップをキープできている証拠でもある。」(プレスリリースより引用)
と話している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Kia Motors America プレスリリース
https://www.kiamedia.com/


Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • ボルグワーナー、「The Detroit Free Press Top Workplaces award」の2年連続受賞(11月14日)
  • デーナ、フェントとのアクスル共同開発契約を拡大(11月14日)
  • ブリヂストンインド、2020年からEMEA地域の事業部門に移行(11月13日)
  • ベバスト、アグリテクニカで電化と温度管理のソリューションを展示(11月13日)
  • コンチネンタル、カーボンブラック製造業とタイヤ回収の契約を締結(11月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索