自動車業界ニュース
2019年07月23日(火)
 自動車業界ニュース

テネコ、ボルボ電気自動車「ポルスター2」にダンパーを提供

新着ニュース30件






























テネコ、ボルボ電気自動車「ポルスター2」にダンパーを提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボルボにダンパー提供
7月9日、テネコは、テネコから分社した「DRiV Incorporated」がオーリンズ(Ӧhlins)ブランドのDFV(デュアル・フロー・バルブ)調整式サスペンションダンパーをボルボ新型電気自動車「ポルスター2」向けパフォーマンス・パッケージを提供すると発表した。

ポルスター2は、ボルボカーグループ初となるピュア電気自動車であり、「2019ジュネーヴ・モーターショー」(3月7~19日、にてスイス・ジュネーヴにて開催)で披露された。「プレミアムな5ドアファストバックEV」をテーマに開発され、生産開始は2020年初期の見込みである。

また、「DRiV Incorporated」は、テネコ・アフターマーケット、ライドパフォーマンス事業から分社化し、世界最大級のアフターマーケットおよびライドパフォーマンスサプライヤーである。

2926
プレミアムサスペンションシステムに向けて
テネコは、自動車およびモータースポーツ産業向けにプレミアムサスペンションシステムを開発する目的として、2019年1月にスイスのテクノロジー企業オーリンズを買収している。

なお、「DRiV Incorporated」は、テネコ・アフターマーケット、ライドパフォーマンス事業から分社化し、世界最大級のアフターマーケットおよびライドパフォーマンスサプライヤーである。

革新的なダンパー
オーリンズブランドのDFV調整式サスペンションダンパーは、ポルスター2・パフォーマンス・パッケージに含まれる。緩衝装置であるフロントストラットとリアショックアブソーバーは調整可能であり、路面状況、運転スタイルなど各ドライバーのニーズに応じて、シャーシダンピングや乗り心地をカスタマイズできる。

Öhlins Racing、DRiV代表取締役ヘンリック・ヨハンソン(Henrik Johansson)氏は、ポルスターにオーリンズ製品を提供することにより、プレミアムなオーリンズのサスペンション技術が目の肥えたドライバーを魅了し、新規顧客を獲得できると期待する。

(画像はTENNECO HPより)


外部リンク

TENNECO
https://www.tenneco.com/


Amazon.co.jp : 2926 に関連する商品
  • 運転中の安全と安心を、コンチネンタルのスマートボイスアシスタント(7月21日)
  • ベバスト、「Startup Autobahn」でイノベーションプロジェクトを推進(7月21日)
  • メリトール、「2018 10 PPM Quality Award」を獲得(7月21日)
  • ヒュンダイ自動車、ハイブリッド車向けのASCトランスミッション・テクノロジーを開発(7月21日)
  • ボッシュ、トレーラーメーカーのKnaus Tabbert社と提携(7月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索