自動車業界ニュース
2019年11月16日(土)
 自動車業界ニュース

ヴァレオ、フランス企業7社とともにAIに関するマニフェストに署名

新着ニュース30件






























ヴァレオ、フランス企業7社とともにAIに関するマニフェストに署名

このエントリーをはてなブックマークに追加
フランス政府のAIに関する戦略下で協働
ヴァレオは、同社およびエア・リキード、ダッソー・アビエーション、EDF、ルノー、サフラングループ、タレス・グループ、トタルというフランスの企業8社とフランスの経済・財務省で、産業用人工知能(以下、AI)に関するマニフェストに署名したことを発表した。

98
このマニフェストは、フランス政府の「AI for Humanity」戦略に沿ったもので、グローバル企業8社がAIに関する共通の戦略的ビジョンを掲げている。

署名した企業は、成長を前進させるためにイノベーションを活用し、広範囲にわたるデジタル変革に取り組む。また、AIのための共通した戦略基盤を定義することを目的として集まり、国際的なレベルでそれぞれの市場におけるリーダー的地位を確立していく。

各社は、特に、その競争力には不可欠であるビッグデータ技術において、それぞれの業界のニーズに対応したAI技術の開発に関する問題において協働することとなる。その目的は、優先分野の研究において、より迅速に成功する一線を越えることである。

このマニフェストでは、産業環境においてAIを使うことに関連して、共通の関心があるテーマを特定している。

それは、信用、説明可能性、照明可能性、組み込みシステム(タスクを実行するために使用される自律型電子システム)や、設計・シミュレーション・開発・検証・物流のためのAI、メンテナンス・インダストリー4.0のためのAI、非常に高いパフォーマンス・信頼性・堅牢性、重要なシステムにおけるより一般的なAIの使用に関する問題などである。

研究開発能力を共有し戦略的ビジョンを推進
デジタル変革が加速し、国際的な競争の激化とサイバーセキュリティの要件が高まることで、署名した企業は、まず産業界の当事者、業界と学術界、さらに産業と政策担当者による協調的な活動を求めている。

このオープンイノベーションアプローチの目的は、研究開発能力を共有し、産業におけるAIの使用に関する意識を高めると同時に、フランスにおいて最高の人材の採用をサポートすることである。

共同レビューが実施されると、署名した企業は、2019年の終わりまでに、政策担当者とその結果を共有し、具体的な政策実施案が、フランスのAIエコシステム全体にわたって全国レベルで調整され定義することを目指す。

AIに関する共通の戦略的ビジョンを共有するすべての公的および民間の利害関係者は、このイニシアチブに参加することが奨励される。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Valeo Press Releases
https://www.valeo.com/


Amazon.co.jp : 98 に関連する商品
  • ZF、ダンフォスシリコンパワー社と戦略的パートナーシップ契約を締結(11月16日)
  • ファイアストン、ヨーロッパの商用車向けアフターマーケット製品の範囲を拡張(11月15日)
  • ベバスト、複数のパーキングヒーターを制御するThermoConnectアプリを開発(11月15日)
  • HELLAのアフターマーケット、スペアブレーキパーツの製品範囲を継続的に拡大(11月15日)
  • 広西玉柴機器集団のYC4Aディーゼルエンジン、2019中国農業機械工業製品金賞を獲得(11月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索