自動車業界ニュース
2020年01月28日(火)
 自動車業界ニュース

イートン、次世代電動モビリティ技術の開発に向けてKPITと戦略提携を締結

新着ニュース30件






























イートン、次世代電動モビリティ技術の開発に向けてKPITと戦略提携を締結

このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代電動モビリティ技術の開発に向けて
8月13日、イートンは、eモビリティ事業向けの次世代電動モビリティ技術の開発を進める目的として、世界的なテクノロジー企業KPITと戦略提携を締結すると発表した。

同社は、2018年3月に電動車両向けeモビリティ事業を発足させた。eモビリティ事業では、主に自動車および商用車の3分野(インテリジェントパワーエレクトロニクス、電源システム、高度配電および回路保護)に焦点をあて、世界の車両電動化市場の成長に備える。

8957
電化技術の開発と電気自動車の開発
イートンeモビリティ社長のジェフ・ローウィンガー(Jeff Lowinger)氏は、OEMでは批判的かつ変革的に考えられるが、イートンはeモビリティが抱える複雑な課題の解決を目指し、開発を進めていると説明する。

KPITはインドに本拠点を構え、モビリティに特化し、電動パワートレイン技術における長年の経験をもつ。インバータ、オンボード充電器、DC-DCコンバーター、配電モジュールなど複数コンポーネント向けテクノロジー、ソフトウェアソリューション、プラットフォームを開発している。

ローウィンガー氏は、KPITとの戦略提携により、価値ある技術能力がもたらされ、環境にやさしく、安全な車両の開発が実現できると考える。

(画像はEATONより)


外部リンク

EATON
https://www.eaton.com/

Amazon.co.jp : 8957 に関連する商品
  • コンチネンタル、ソフトウェアを統合・自動更新する技術開発を発表(1月27日)
  • ボッシュ、Ceres Power社との戦略的パートナーシップ強化を発表(1月27日)
  • エスケイエフ、電気自動車向けの厳しい条件に対応するベアリングを開発(1月27日)
  • ヒュンダイ自動車傘下の起亜自動車、「2020 Best Car for the Money」を獲得(1月27日)
  • Hella Pagid、レーシングチーム「Risi Competizione」のスポンサーを継続(1月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索