自動車業界ニュース
2020年07月02日(木)
 自動車業界ニュース

ブリヂストン・インド、店舗での待ち時間が短縮できる来店予約サービスを開始

新着ニュース30件






























ブリヂストン・インド、店舗での待ち時間が短縮できる来店予約サービスを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
都市封鎖解除後の車両使用再開でタイヤ整備が必要
ブリヂストン・インドは、非接触型タイヤサービスプラットフォーム「Bridgestone Bookmyservice」をスタートさせた。

1722
これは、顧客がオンラインで予約をすることで、訪問した店舗で過ごす時間を短縮できるシステムである。

ブリヂストンによると、これにより、同社のチャネルパートナーが、新型コロナウィルス感染防止に必要である、適切な社会的距離を取る対策を店舗で実施できるようになる。

インドにおける都市封鎖が徐々に解除されると、これまで自動車が長期間使用されていなかったことから、使用を再開するために多くの車両でタイヤ整備が必要となる。しかし、安全面での心配から、整備サービスを利用できない顧客も多い。

こういった状況から、ブリヂストン・インドは、タイヤの購入または修理を行う顧客の安全を確保するために、今回のタイヤサービスプラットフォームを開始した。

顧客とチャネルパートナーの安全確保が最重要
「Bridgestone Bookmyservice」では、顧客が、オンライン予約の際に好きな店舗を選択することができる。予約を完了すると、予約の詳細、および店舗の場所や詳細について、SMSにお知らせが送信される。

ブリヂストン・インドのマーチャンダイザーであるParag Satpute氏は、同社にとって安全が最重要事項であり、製品やサービス、事業において行うことすべてに反映されると言及し、次のように説明した。
「我々は、顧客やチャネルパートナーのニーズが変化するのに合わせて、サービスを提供することに注力している。経済が再開すると、顧客はパーソナルモビリティに頼るようになるため、これは顧客にとって不可欠なサービスとなり、我々は適切なソリューションを簡単に提供することを目指している。顧客が安全な環境で我が社のサービスを利用できるようにするために、このイニシアチブは我が社の価値観を表している。」(Autocarproより引用)

また、ブリヂストン・インド、消費者事業担当の執行役員であるRajarshi Moitra氏は、多くの地域で都市封鎖基準が緩和され、自動車の使用が再開されたため、顧客はタイヤの修理や交換が必要となっているとの見解を示し、次のように述べた。
「非接触型のサービスによって、ブリヂストンの店舗において、待ち時間が最小限になることや衛生的な環境が可能となる。Bridgestone Bookmyserviceにより、顧客が来店を計画できるだけでなく、ディーラーパートナーが、店舗で社会的距離の基準を保持することを支援し、すべての人の安全を確保することができる。」(Autocarproより引用)

(画像はAutocarproより)


外部リンク

Autocarpro
https://www.autocarpro.in/

Pehal News
https://pehalnews.in/

B2B Purchase
https://www.b2bpurchase.com/


Amazon.co.jp : 1722 に関連する商品
  • コンチネンタル、後付け式ターンアシストシステムについて紹介(7月2日)
  • ヒュンダイ自動車、後部座席リマインダーシステムの標準装備を要求(7月2日)
  • ブリヂストンEMIA、マイクロソフトとともにタイヤモニタリング・システムを開発(7月1日)
  • ヒュンダイ自動車、「H-Conomy」シリーズの新たな動画5本を公開(7月1日)
  • クーパースタンダード、GMより「2019 Supplier of the Year」に認定(7月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索