自動車業界ニュース
2020年10月28日(水)
 自動車業界ニュース

ヒュンダイ自動車のアラバマ工場、セルマシティースクールに6,000枚のマスクを寄付

新着ニュース30件






























ヒュンダイ自動車のアラバマ工場、セルマシティースクールに6,000枚のマスクを寄付

このエントリーをはてなブックマークに追加
マスクの寄付で新型コロナウイルスと闘うセルマを支援
ヒュンダイ自動車アメリカのアラバマ工場(以下、HMMA)が、セルマシティースクールに6,000枚のマスクを寄付したと、9月15日に発表している。

新型コロナウイルスと闘うアラバマ州ダラス郡の都市・セルマを支援するため、HMMAは近隣コミュニティとなるセルマシティースクールに6,000枚ものマスクの寄付を行った。

その内訳は5,000枚が使い捨てマスク、1,000枚が再利用可能な布製マスクとなっており、教職員や学生に配布するため、学校関係者が同社から受けとった。なお、セルマシティ学区は、幼稚園年長から高校卒業までの「K-12」グレードの学生2,500人をサポートする9つの教育機関で構成されている。

19619
今年初めにはモンゴメリー郡EMAにもマスクなどを寄付
HMMAは今年初め、モンゴメリー郡EMAに再利用可能なマスク20,000枚とフェイスシールド400枚を寄付。モンゴメリーの公立学校にも5,000枚の使い捨てマスクを寄付した。

また、モンゴメリーエリアで新型コロナウイルスと最前線で闘う医療提供者に450個の弁当と、アラバマ歯科医師会に1,000枚のサージカルマスクを寄付。更にアラバマ州でのドライブスルー検査を支援するために、新型コロナウイルスの検査キット10,000個をモンゴメリーとその周辺の郡に寄付している。

(画像はヒュンダイ自動車アメリカ ホームページより)


外部リンク

ヒュンダイ自動車アメリカ プレスリリース
https://www.hyundainews.com/en-us/releases/3134


Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • マグナ、2022年にCLEARVIEW技術を市場投入(10月28日)
  • ヒュンダイ自動車、小型電気自動車のティーザー画像・動画を初披露(10月28日)
  • ZF Friedrichshafen、ポーランドのチェンストホヴァに新しい電子機器工場を開設(10月28日)
  • ヒュンダイ自動車インド、新型「i20」のティーザーイメージを初公開(10月28日)
  • イートン、車両部品やコンポーネント製造に3D金属プリントを開始(10月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索