自動車業界ニュース
2020年10月27日(火)
 自動車業界ニュース

ボッシュ、世界初の商用自動バレーパーキングサービス提供に向けて

新着ニュース30件






























ボッシュ、世界初の商用自動バレーパーキングサービス提供に向けて

このエントリーをはてなブックマークに追加
シュトゥットガルト空港への商用自動バレーパーキングサービス導入
10月12日、ボッシュ、メルセデス・ベンツ、欧州の大手駐車事業者APCOAの3社は、シュトゥットガルト空港(ドイツ)への世界初となる商用自動バレーパーキング(AVP)サービス導入に向けて、取り組みを続けていると発表した。

1723
自動運転レベル4相当の無人・自動化した駐車サービス
自動バレーパーキング(AVP)とは無人・自動化した駐車サービスであり、自動運転レベル4に相当する。駐車場内を車両が無人・自動走行して空車スペースに自動駐車し、ドライバーなしで駐車場の入出庫が可能になる。

スマートフォン操作による無人・自動運転の駐車場入出庫
今回、ボッシュ、メルセデス・ベンツは、シュトゥットガルト空港へのサービス提供を見据えて、自動バレーパーキングシステムを共同開発した。新型メルセデス・ベンツSクラスは、世界初の自動バレーパーキング対応の量産車として、自動バレーパーキングに基づく未来のインフラ技術に適応する。

また、オプションとして、顧客は、「INTELLIGENT PARK PILOT(インテリジェント・パーク・パイロット)」をスマートフォンにインストール可能となる。「INTELLIGENT PARK PILOT」のインストールによって自動バレーパーキングに対応でき、新型Sクラスの運転および駐車に高級機能をもたらす。

一方、ボッシュ製カメラベースのインフラによって駐車場の車線、障害物を検知し、APCOA 製デジタルプラットフォームにてチケットレス・キャッシュレスの駐車サービスが実現する。

将来的に、自動バレーパーキングサービスは、試験運用としてシュトゥットガルト空港P6駐車場に導入予定となる。ドライバーは、スマートフォンを操作し、無人・自動運転にて駐車場への入出庫および駐車を操作できる。

現在、3社は、新型メルセデス・ベンツSクラス搭載技術、ボッシュ製カメラベースのインフラ、APCOA 製デジタルプラットフォーム「APCOA FLOW」における相互作用を検証中である。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

BOSCH
https://www.bosch-presse.de/

Amazon.co.jp : 1723 に関連する商品
  • マーレ、ケーヒンの空調事業を買収し世界的フットプリントを強化(10月25日)
  • マグナ、2021年1月1日からSeetarama(Swamy)Kotagiri氏がCEOに(10月24日)
  • ヒュンダイ自動車アメリカ、新型「エラントラ」の仕様と価格を発表(10月24日)
  • コンチネンタル、タイヤを提供するエクストリームEに新たなチームの参戦を発表(10月24日)
  • ヒュンダイ・クレードル、「モビリティイノベーター・フォーラム」の主催に(10月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索