自動車業界ニュース
2021年01月22日(金)
 自動車業界ニュース

デンソー、フロスト&サリバンの2020カンパニーオブザイヤーを受賞

新着ニュース30件






























デンソー、フロスト&サリバンの2020カンパニーオブザイヤーを受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスチャネルを多様化し製品の需要を増加
デンソーは、関連会社であるDENSO Products and Services Americas、Inc.が、フロスト&サリバンの2020北米自動車アフターマーケット部門カンパニーオブザイヤーを受賞したことを発表した。

2097
フロスト&サリバンは、ビジネスパフォーマンス、イノベーション、市場の混乱緩和に関する調査や分析を専門とする国際的なコンサルティング会社である。

フロスト&サリバンのカンパニーオブザイヤーを受賞するには、需要やブランド開発、競争力のある地位を取ることを推進するマーケティング戦略において、優れたパフォーマンスを発揮する必要がある。また、先見の明のあるイノベーションやパフォーマンス、および顧客への影響も評価している。

フロスト&サリバンは、デンソーが、OE品質の自動車部品をアフターマーケットに提供し、自動車業界でのダイナミックな変化に対処するためにビジネスチャネルを多様化することに関する長年の実績により、製品に対する顧客の需要を増やすことに成功したことを評価した。

また、成長戦略と実装、最先端の製品と技術、顧客価値と市場参入度を増加させるベストプラクティスに関するリーダーシップも評価している。

デンソー、アフターマーケットセールスグループの副社長であるFran Labun氏は、次のように述べた。
「我々は、この名誉ある賞を贈られて、とても嬉しく思う。この賞は、あらゆる業界のモデルビジネスプラクティスを評価している。」(PR Newswireより引用)


先進のイノベーションやビジネスプラクティスも評価
また、受賞の要因となったイノベーションとしては、高度運転支援システムと自動運転用のセンサーアプリケーション開発、代替パワートレインソリューションと関連する制御ユニット、モータージェネレーター、バッテリー監視システムに対する市場の需要の高まりに対応したことも挙げられる。

さらには、デンソーの全体的なビジネスプラクティスも評価された。

様々なメーカーとモデルをカバーする部品を供給すること、多くの競合他社よりも迅速に市場に新しい製品を提供するための、高度な設計と開発能力を活用すること、優れた製造と品質コントロール、競争力のある価格設定、強力な企業財務、技術者が最新スキルと知識を持ち、最先端の車両や自動車システムにサービスを提供することを確実にする研修に投資することなどである。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Denso Press Releases(PR Newswire)
https://www.prnewswire.com/


Amazon.co.jp : 2097 に関連する商品
  • ベントラー、ドイツのバッテリートレイ製造施設を拡大(11月1日)
  • Rheinmetall Automotive、電気蒸気ポンプの受注額で新記録を達成(10月31日)
  • 起亜自動車アメリカ、「ニロ EV 2020」をMITに寄贈(10月31日)
  • ボルグワーナー、ヒュンダイ自動車に対するスターターモーター供給拡大(10月31日)
  • 起亜自動車、次世代軍用車両用の新しい標準プラットフォームの開発計画を発表(10月31日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索