自動車業界ニュース
2021年01月22日(金)
 自動車業界ニュース

ジヤトコ、自動車部品のグローバル開発業務に「IBM Engineering」を活用 

新着ニュース30件






























ジヤトコ、自動車部品のグローバル開発業務に「IBM Engineering」を活用 

このエントリーをはてなブックマークに追加
グローバル開発拠点における既存製品の開発にも適用
ジヤトコ株式会社(以下、ジヤトコ)は、グローバル拠点も含めた要件管理や成果物管理に、日本アイ・ビー・エム株式会社の「IBM Engineeringソリューション」を活用することを発表した。

218
ジヤトコは、日本開発拠点における次世代製品に対して「IBM Engineeringソリューション」の適用を進めてきたが、さらに、2020年10月から既存製品の開発も含めたグローバル開発拠点での利用を開始したものである。

ジヤトコは、日本国内だけではなく、韓国・中国などグローバル拠点においても、地域の自動車メーカーの要求に合わせたトランスミッションを設計・開発している。

そして、グローバル開発業務における効率化や品質向上を実現するためにデジタル変革を推進しており、その一環として、「IBM Engineeringソリューション」を活用することにより、自動車会社からジヤトコまで一貫しての要求・要件管理や、開発成果物に関するベースライン管理を行っていく。

これにより、成果物の開発状況をリアルタイムにチェックし、次の開発に向けて効率的に開発成果物を再利用でき、また、不具合の発生時に迅速に対応できるため、作業品質の向上やコスト削減が可能となる。

また、開発の初期段階で高品質な設計を行うことができ、後工程での課題や欠陥に対して事前に対応できることから、約50%の手戻率の改善を見込んでいる。

作業品質向上やコスト削減、手戻率の改善
具体的には、要求・要件管理に関して、要求や仕様を可視化して関係性を定義し、設計工程におけるトレーサビリティーを確実にすることを目指し、「IBM Engineering Requirements Management DOORS」を活用する。

これにより、要求の抜け漏れや担当者間の認識違いを防ぎ、設計品質の向上、手戻りの減少による開発コストの削減、市場に出すまでの時間短縮を図ることができる。

また、ベースライン管理では「IBM Engineering Workflow Management」を活用し、テンプレート化した業務フローに従って時系列に開発成果物を格納することにより、各手配時に開発成果物を確実に残す仕組みを実現した。

(画像はジヤトコより)


外部リンク

ジヤトコ株式会社 プレスリリース
https://www.jatco.co.jp/release/2020/20201023_1163.html


Amazon.co.jp : 218 に関連する商品
  • ベントラー、ドイツのバッテリートレイ製造施設を拡大(11月1日)
  • Rheinmetall Automotive、電気蒸気ポンプの受注額で新記録を達成(10月31日)
  • デンソー、フロスト&サリバンの2020カンパニーオブザイヤーを受賞(10月31日)
  • 起亜自動車アメリカ、「ニロ EV 2020」をMITに寄贈(10月31日)
  • ボルグワーナー、ヒュンダイ自動車に対するスターターモーター供給拡大(10月31日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索