自動車業界ニュース
2020年07月13日(月)
 自動車業界ニュース

MANN + HUMMEL、大気清浄フィルターキューブの活躍を報告

新着ニュース30件






























MANN + HUMMEL、大気清浄フィルターキューブの活躍を報告

このエントリーをはてなブックマークに追加
屋外設置で大気汚染を削減
MANN + HUMMELは5月20日、同社が開発した大気清浄フィルターキューブの有効性として、韓国とブラジルなど世界でも採用されていると報告している。

12688
活性炭の層が粒子を吸着
同フィルターキューブは2018年に開発、交通渋滞が多い場所に設置され、排気やホコリなど空気中の粒子状物質を吸収し大気汚染を削減するものとして、その効果が認められている。

2020年7月からは、ドイツのハイルブロン市の道路各所に設置される予定だ。

層になってできた活性炭が二酸化炭素を吸着。大きな面積で効率的に大気汚染を減らし、空気を浄化することができる。通行人や居住者を保護することが可能になる。

海外での採用事例
同フィルターは、海外でも採用される。韓国のソウル市ではレジャー施設に設置。子供たちが安心して遊べる環境づくりに取り組んでいる。

ブラジル、人口235,000人の内陸都市・インダイアツーバでは、交通量の多い道路に設置され、2.5〜10ミクロンの微粒子の80%をろ過したと報告されており、ほかの都市に使用を拡大する計画も行われている。

フィルターは設置の自由度も高く、道路や交差点だけでなく、バス停や鉄道駅、地下鉄駅など様々な利用が考えられる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

MANN + HUMMELのプレスリリース
https://www.mann-hummel.com/


Amazon.co.jp : 12688 に関連する商品
  • コンチネンタル、トラック用タイヤ「Conti Scandinavia Extreme HD3」を発売(7月13日)
  • HMMA、PPEをモンゴメリー・エリアのヘルスケアプロバイダーなどに提供(7月12日)
  • テネコ、新たなCOOにKevin Baird氏を任命(7月12日)
  • ネクステア、GMのサプライヤー・オブ・ザ・イヤー賞を獲得(7月11日)
  • コンチネンタル、電動パーキングブレーキのアフターマーケット製品範囲を拡大(7月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索