自動車業界ニュース
2020年07月02日(木)
 自動車業界ニュース

シェフラー ベトナム工場をパイロットプラントとして拡大

新着ニュース30件






























シェフラー ベトナム工場をパイロットプラントとして拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加
深溝玉軸受(DGBB)など3つの生産ラインを追加
シェフラーは5月19日、ベトナム ドンナイ省ビエンホア市の工場に新たな製品ラインを加えると発表した。

シェフラー ベトナム工場は、アジア太平洋地域における施設拡大の一環として2019年5月に4,500万ユーロを投じて建設されたもので、開設から1周年を迎えたタイミングでの施設拡大となる。

生産開始後、ラジアルインサート玉軸受(RIBB)ISOレンジ及び、シェフラーの主力製品である針状ころ軸受(NRB)の2つの製品ラインを追加。

さらに、深溝玉軸受(DGBB)、フォークリフト用マストローラー軸受(HMR)、幅広い種類の円すいころ軸受(TRB)の3つの製品ラインについて、2020年末に追加される見通しとなっている。

564
包括的なデジタル化コンセプトを開発・導入
ベトナム工場は、シェフラーの世界的生産体制の重要な拠点であり、今後はグローバルな生産体制のデジタルパイロットプラントとして重要な役割を担っていくこととなる。

デジタルパイロットプラントプロジェクトにおいては、ベトナム最大手のソフトウェア開発会社「FPT」との協力で、継続的なデータ管理ソリューションによって統合された包括的なデジタル化コンセプトを開発・導入。

デジタル化によりシェフラーの生産の優位さを実現するための適切なインフラ、設備、ソフトウェアソリューションの開発と設置に取り組んでいる。

また同プロジェクトでは、ベトナム政府が目指す国の経済発展に向けた産業のデジタル化を支援するとしている。

シェフラー アジア太平洋地域の最高執行責任者 クラウス・ミュラー氏は、今回のプロジェクトについて
「バリューチェーン全体の生産施設のデジタルネットワーク化は、インダストリー4.0の最重要目標のひとつです。このプロジェクトは、新しい技術を早い段階で自社の業務に実装して、生産ライフサイクル全体をデジタルにマッピングする弊社のグローバルなイニシアティブに沿うものです」(プレスリリースより引用)
と説明した。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

シェフラー プレスリリース
https://www.schaeffler.co.jp/


Amazon.co.jp : 564 に関連する商品
  • コンチネンタル、後付け式ターンアシストシステムについて紹介(7月2日)
  • ヒュンダイ自動車、後部座席リマインダーシステムの標準装備を要求(7月2日)
  • ブリヂストンEMIA、マイクロソフトとともにタイヤモニタリング・システムを開発(7月1日)
  • ヒュンダイ自動車、「H-Conomy」シリーズの新たな動画5本を公開(7月1日)
  • クーパースタンダード、GMより「2019 Supplier of the Year」に認定(7月1日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索