自動車業界ニュース
2019年10月16日(水)
 自動車業界ニュース

ボッシュ、電動モビリティ事業の受注総額が130億ユーロを達成

新着ニュース30件






























ボッシュ、電動モビリティ事業の受注総額が130億ユーロを達成

このエントリーをはてなブックマークに追加
厳しい事業環境においても健全な事業運営
自動車部品の大手サプライヤーであるボッシュは9月10日、2018年初頭からのeモビリティ領域の受注総額が約130億ユーロを達成したことをドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2019において明らかにした。

ボッシュの順調な受注状況と技術革新力により、厳しい事業環境においても健全な事業運営を保っており、乗用車や小型トラック向けバッテリー電動パワートレインの生産プロジェクトを含め、eモビリティ領域で約130億ユーロの受注を2018年より獲得している。
1723
世界の自動車生産を上回る成長
昨今、自動車市場は大きく低迷する傾向にあるが、ボッシュのモビリティ ソリューションズ事業セクターは、世界の自動車生産を上回る成長を2019年も続けており、モビリティ ソリューションズ事業セクターの売上高は、前年を若干下回る水準で着地する見通しとなっている。

また、ボッシュは従来型パワートレインのさらなる改良促進と、急速な電動化を推進していることに加え、モビリティの自動化、ネットワーク化、パーソナル化にも取り組んでいる。

これらを実現するにはエレクトロニクスとソフトウェアが重要になってくるが、ボッシュのモビリティ事業では約14,000人のソフトウェアエンジニアが勤務しており、そのソフトウェアの専門的な技術開発に年間30億ユーロ以上の投資を行っている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ボッシュ プレスリリース
https://www.bosch-presse.de/


Amazon.co.jp : 1723 に関連する商品
  • メリトール、軍用車両向けProTecシリーズ3000ビームアクスルを発表(10月16日)
  • フォルシア、合弁会社SASの株式残り分50%をコンチネンタルから取得へ(10月16日)
  • 玲瓏、南米とカリブ海地域のタイヤパートナー会議を開催(10月16日)
  • ハネウェル、労働者の聴覚を守るヘッドセットを開発・提供(10月16日)
  • ボッシュ、カストロールと共同ブランドの修理工場パイロット運用を実施(10月15日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索