自動車業界ニュース
2019年11月19日(火)
 自動車業界ニュース

ZF、マヒンドラ・レーシング・フォーミュラEチームのオフィシャルパートナーに

新着ニュース30件






























ZF、マヒンドラ・レーシング・フォーミュラEチームのオフィシャルパートナーに

このエントリーをはてなブックマークに追加
電動パワートレインの提供
10月4日、ZFは、「AAB FIAフォーミュラE選手権」2020/2021シーズンにおいて、「マヒンドラ・レーシング・フォーミュラEチーム」のオフィシャルパートナーになり、パワートレインを供給すると発表した。

「AAB FIAフォーミュラE選手権」は、化石燃料を使用しない電気自動車のフォーミュラカーによるレースである。同社は、マヒンドラ・レーシング(インド)と共に、2020/2021シーズン向け電動パワートレインの開発に取り組み始めている。なお、初回のベンチテスト(台上試験)およびテストドライブは来年に実施される予定となっている。

また、マヒンドラ・レーシングとのオフィシャルパートナーシップの締結に伴い、「ヴェンチュリー・フォーミュラEチーム」とのテクニカルパートナーシップは終了する。

11581
成功が見込まれる提携
ZFは、電気モーターに加えて、シングルギア、高効率なトランスミッション・パワーエレクトロニクスの開発を進め、モータースポーツ用アプリケーション向けに設計する。

6年目となる2019/2020シーズン(2019年11月開幕)では、シャーシ開発における専門知識をもってマヒンドラ・レーシングを支援し、ショックアブソーバーやエンジニアリングサービスを提供する。

ZF最高経営責任者のヴォルフ=ヘニング・シャイダー(Wolf-Henning Scheider)氏は、ZFにとって、フォーミュラE選手権は未来のeモビリティ向けドライブトレインソリューションの品質・性能を示す最高の舞台であり、これまでシーズンを越えて専門知識・技術の持ち越しはないと述べる。

また、インドは重要な成長市場であり、それゆえ、マヒンドラ・レーシングとの提携は成功が期待されるとコメントする。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ZF プレスリリース
https://press.zf.com/releases/release_11651.html


Amazon.co.jp : 11581 に関連する商品
  • HELLA、リレー事業を中国のHongfaに売却(11月19日)
  • Rheinmetall、電気自動車向けエアコンコンプレッサーを開発(11月19日)
  • ブリヂストン、子会社の技術者がASEマスター・テクニシャン・オブ・ザ・イヤーに選出(11月19日)
  • Rheinmetall Automotive、中国の世界的自動車メーカーから大型注文を獲得(11月19日)
  • Rheinmetall、プラスチック製燃料蒸気ポンプアセンブリーを共同開発(11月19日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索