自動車業界ニュース
2019年12月12日(木)
 自動車業界ニュース

ベバスト、アグリテクニカで電化と温度管理のソリューションを展示

新着ニュース30件






























ベバスト、アグリテクニカで電化と温度管理のソリューションを展示

このエントリーをはてなブックマークに追加
顧客のニーズに対応するソリューション
ベバストは、ハノーファーで開催された2019アグリテクニカにおいて、農業エンジニアリング業界向けの革新的な製品ポートフォリオを展示した。

10094
展示会のテーマ「アドバンストソリューションパートナー」の下、ベバストは、車両モデルに基づく農業機械市場の電化に向けた包括的なソリューション、および、サーモシステムのさらなる開発について紹介した。

同社が紹介したコア要素の1つとして、有益なモジュラー設計を備えたCV標準バッテリーシステムがある。これは、少量でもベバスト品質のコスト効率の高いソリューションを提供するもので、これにより、内燃エンジンからeモビリティへの簡単な変換も可能になる。

対応する車両インターフェースボックス(VIB)は、ユーザー定義のシステム構成とプログラミングのために、バッテリーシステムと車両の間のインターフェースとして機能する。さらに、関連するバッテリー温度管理システム(eBTM)は、中央温度制御モジュールとして作動し、バッテリー性能と寿命を最適化する。

モジュラー式でスケーラブルなバッテリーシステム、VIB、eBTMの組み合わせによって、顧客それぞれの要件に対応する個々のソリューションが保証される。

快適な車内温度とバッテリーの予熱も
ベバストは、電気自動車とハイブリッド車両のために、実証済みの高電圧ヒーター(HVH)も提供している。HVHは、95%という一定の効率で、キャビン内を快適な温度にし、バッテリーを予熱する。

また、統合ネットワーク機能と追加のデジタル機能を備えたインテリジェントなCharging Solution Webasto Liveは、eモビリティのポートフォリオを補完する。

これはタイプ2のコネクター付きで、11kWと22kWの充電電力を備えている。そして、先進の4Gモデムと、LANおよびWLANのインターフェースのおかげで、複数のウォールボックスを接続でき、ダイナミックな負荷管理が可能となる。

厳しい農業環境に適応する冷暖房ソリューション
ベバストは、カスタマイズされたサーモシステムにより、様々な気候帯や極端な作業条件における運用など、農業用車両の厳しい課題に対応している。

アグリテクニカ2019で紹介された製品の1つに、農業機械のために理想的な空調を提供する「HVAC SP80」がある。

これは、非常にスリムなデザインのおかげで、ヘッドルームや視界を制限することなく、快適な車内温度を提供するとともに、メーカーによる既存の制御および電動インフラストラクチャーに簡単に統合できる。また、7kWの冷暖房能力を備えている。

さらに、ベバストは、コンパクトで軽量、最大で海抜3,500メートルの自動高度補正、Thermo Top Pro 120/150を備えた高性能暖房システムを提供している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Webasto Press Releases
https://www.webasto-group.com/


Amazon.co.jp : 10094 に関連する商品
  • ヒュンダイ自動車インド、AC7.2KWチャージャーの拡大などでEVインフラを改善(12月12日)
  • ボルグワーナー、「Healthiest 100 Workplaces in America」に認定(12月12日)
  • コンチネンタル傘下のVitesco Technologies、PHEV用パワートレインのコストを削減(12月11日)
  • デーナ、CTI Berlinで高効率シリコンカーバイドインバーターを展示(12月11日)
  • デンソー、すべての道路使用者の安全性を向上させる取り組みを実践(12月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索