自動車業界ニュース
2019年12月12日(木)
 自動車業界ニュース

ヒュンダイ自動車アメリカ、2020年までに13の新たな代替燃料車モデルを発表へ

新着ニュース30件






























ヒュンダイ自動車アメリカ、2020年までに13の新たな代替燃料車モデルを発表へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
セダンやSUVモデルを2020年までに順次発表へ
ヒュンダイ自動車アメリカが、2020年までに13の新たな代替燃料車モデルをリリースしていく予定であると、11月7日に発表した。

同社はエレクトリック、ハイブリッド、プラグインハイブリッドの代替燃料車モデルラインアップを、2020年までに順次拡充していく考えを示した。

11月22日から開催される「ロサンゼルスオートショー」では、エコカーの最新モデル「IONIQ 2020」を含め、様々な代替燃料車モデルが公開され、同社のエコカー開発へのコミットメントが示される。

また、同社は来年、「ソナタ HEV」をリリースする予定であるほか、今後3年以内に新たなエコカー9モデルも、オートショーなどで展示していく。

19619
環境配慮の社会に適応 代替燃料車という選択肢を提案
ヒュンダイ自動車アメリカは、環境配慮の社会に適応する代替燃料車という選択肢を、顧客へ継続的に提案していき、多様な顧客基盤の拡大にもつなげていく考えだ。

同社は、代替燃料車を含めたエコカーの開発・製造にコミットメントすることで、パワートレイン効率の向上と、大気質の改善などに大きく寄与していく。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ヒュンダイ自動車アメリカ プレスリリース
https://www.hyundainews.com/en-us/releases/2908


Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • ヒュンダイ自動車インド、AC7.2KWチャージャーの拡大などでEVインフラを改善(12月12日)
  • ボルグワーナー、「Healthiest 100 Workplaces in America」に認定(12月12日)
  • コンチネンタル傘下のVitesco Technologies、PHEV用パワートレインのコストを削減(12月11日)
  • デーナ、CTI Berlinで高効率シリコンカーバイドインバーターを展示(12月11日)
  • デンソー、すべての道路使用者の安全性を向上させる取り組みを実践(12月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索