自動車業界ニュース
2019年12月06日(金)
 自動車業界ニュース

エバスペヒャー、革新的なヒーティングソリューションを提供

新着ニュース30件






























エバスペヒャー、革新的なヒーティングソリューションを提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
環境にやさしく、低排出ガス
11月7日、エバスペヒャーは、ヒータ「Hydronic S3 InCat」をはじめ、あらゆるドライブコンセプトに対応できる革新的なヒーティングソリューションを提供すると発表した。

革新的なヒーティングソリューションは、環境に配慮され、排出ガスを削減する。また、低温下におけるバッテリーレンジ(充電1回あたりの走行可能距離)を高める。

23452
低温下における熱管理ソリューションの重要性
ハイブリッド車および電気自動車では、外気温が低い場合、十分なバッテリーレンジを得られない。気温の低下に伴い、トラクションバッテリーの機能・性能は下がり、完全充電した電気自動車の航続距離を減少させる。

電気ヒータが車室内を暖めることに電気を消耗し、走行に対して供給できる電力量が減り、航続距離は平均して25%減になるといわれる。それゆえ、熱管理ソリューションの一部として、車のヒータが重要になる。

eモビリティのトレンドに応じて
外気温が低い場合、ハイブリッド車の燃焼機関は、車室内の暖める熱を発生させ、発進する。熱の発生によりエンジンの燃料消費量は増え、非効率である。

ヒータ「Hydronic S3 InCat」では、発進時に車のエンジンを使用せず、エンジン不使用かつ低燃費にて快適な気温まで暖める。触媒コンバーターはウォーターヒータに完全に統合され、コバルト(CO)と炭化水素(HC)の排出量を削減する。同時に、ヒータがバッテリーを暖め、バッテリー機能を急激に回復させる。

また、「ethanol heater」では、ウォーターヒータとエアヒータに基づき、バッテリーに負荷を掛けることなく、車室内およびバッテリーを暖める。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Eberspacher
https://www.eberspacher.com/

Amazon.co.jp : 23452 に関連する商品
  • ベントラー、流通部門の売却が完了(12月5日)
  • コンチネンタルのインテリジェントカメラシステム、CES 2020で評価(12月5日)
  • ファイアストン工業製品社、新たな軽量エアスプリングを「CCVS」に出展(12月5日)
  • 起亜自動車「テルライド」、「NACTOY 2020」のファイナリストに選出(12月5日)
  • ヒュンダイ自動車傘下の起亜自動車アメリカ、2019年11月の合計販売台数を発表(12月5日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索