自動車業界ニュース
2019年12月06日(金)
 自動車業界ニュース

コンチネンタル、農業の厳しい稼動環境に耐用する車体表面材料を開発

新着ニュース30件






























コンチネンタル、農業の厳しい稼動環境に耐用する車体表面材料を開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
極端な気候、厳しい稼動条件に対応
コンチネンタルは、厳しい農地作業のために特別に開発された表面材料によって、農業分野の産業をサポートしている。

1674
ますます頻発している極端な気候は、農業ビジネスと労働者にとって、そして、機械に取り付けられている表面材料にとっても深刻な課題となっている。

コンチネンタル、表面材料の専門家で、床板材と商用車担当のマーケティングディレクターであるJens Wolandewitsch氏は、次のように述べた。
「我々は、この部門の課題を早いうちに認識し、あらゆる用途に適応するソリューションを提供している。」(プレスリリースより引用)


こすり傷や摩耗、汚れに耐性
農業における労働条件は、時には厳しいものとなる。極端な気温、雨や干ばつ、ほこりや汚れは、材料にとって厳しい要因であり、さらに、季節による長い稼動時間も、材料に高いストレスをかける。

車体の表面は、それらすべてに耐用する必要がある。このため、農業業界で使用されている表面材料は、こすった傷や摩耗に対して特に耐性がある。最適化されたPVC(ポリ塩化ビニル)ベースの材料が車体に使用されるのは、非常に丈夫で長持ちすること、汚れをはじき掃除が簡単であることが理由である。

例えば、車体床面の表面フィルムにおけるPVCおよびTPO材料は、こすり傷や摩耗に対して特に耐性があり、ほとんどの化学薬品やオイルに対して不浸透性である。

別の例として、Acella Protectは、個々のルック・アンド・フィールで、シートとヘッドレスト用の快適な表面を保証する。材料は、その組成のおかげで、極端な温度変化があっても柔軟性を維持し、マイナス20度でも特性を失わない。寒い環境では、従来の室内装飾材料によりも、ひび割れに対して100~150%耐性がある。

柔らかいうえに丈夫なヨーンフォームフィルムは、ルーフライナーとトリムに最適であり、様々な処理の可能性があるため、ユーザーに柔軟性を提供する。フィルムは、深絞り、プレス、バック発泡が可能であり、これにより、幅広い色と粒子のデザインが実現する。

この材料を使用すると、2色のコンポーネントバリアントを1つのプロセスステップで製造することができ、システムコストが最適化されている。

ドライバーにとって快適な環境
農地での作業では、車体内の労働者は最大限の集中が必要である。そのため、農家は車内の内装の最適な快適性も望んでいる。

Jens Wolandewitsch氏は、「我が社の堅牢なサービス材料の幅広いポートフォリオは、この側面を考慮に入れ、ドライバーに快適な環境を提供します。これにより、効率的で快適な作業が可能になる。」と説明した。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Continental Press Releases
https://www.continental.com/


Amazon.co.jp : 1674 に関連する商品
  • ベントラー、流通部門の売却が完了(12月5日)
  • コンチネンタルのインテリジェントカメラシステム、CES 2020で評価(12月5日)
  • ファイアストン工業製品社、新たな軽量エアスプリングを「CCVS」に出展(12月5日)
  • 起亜自動車「テルライド」、「NACTOY 2020」のファイナリストに選出(12月5日)
  • ヒュンダイ自動車傘下の起亜自動車アメリカ、2019年11月の合計販売台数を発表(12月5日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索