自動車業界ニュース
2020年01月28日(火)
 自動車業界ニュース

HELLAのアフターマーケット、スペアブレーキパーツの製品範囲を継続的に拡大

新着ニュース30件






























HELLAのアフターマーケット、スペアブレーキパーツの製品範囲を継続的に拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加
乗用車・商用車・電気自動車・ハイブリッドにも対応
HELLAは13日、アフターマーケット部門のHella Pagidが、全範囲のサプライヤーとして、乗用車と軽商用車向けに、14,000以上のスペアブレーキパーツを供給していることを報告した。

12775
摩耗用パーツ、ブレーキ油圧、流体/化学関連の製品に加えて、Hella Pagidの広範な製品には、あらゆる車両モデル向けのアクセサリー製品も含まれている。

このポートフォリオは、コンパクトクラスから軽商用車までの車両だけでなく、電気自動車、ハイブリッドカー、スポーツカーもカバー。ブレーキパッドとブレーキディスクに関して、ヨーロッパにおいて、ほぼ100%の車両に対応している。

Hella Pagid、製品管理&マーケティング担当のディレクターであるThomas Gorkow氏は、次のように述べた。
「我が社の目指すことは明確である。我々は、独立系アフターマーケットで全範囲を扱う主要サプライヤーとなり、最高品質と高い可用性を提供する製品により、最良の方法で世界中の顧客をサポートする。」(プレスリリースより引用)

世界中の在庫車両のアプリケーションをカバー
ブレーキキャリパーのポートフォリオは2019年も拡張され、合計1,900万個以上の車両在庫に対応する、987の車両アプリケーションをカバーしている。

現在の範囲は、およそ2,000のRemanブレーキキャリパーで構成されており、これには、保証金付きの環境に適合する再生産されたブレーキキャリパーも含まれる。

これらの「Remanブレーキキャリパー」に加えて、Hella Pagidは、プレミアムアクセサリーを含む、保証金なしの新しいキャリパー112種も提供している。

ブレーキパッドの範囲もさらに拡大され、現在、世界中の850万台を超える在庫車両に対する、757の追加車両アプリケーションもカバーしている。また、親会社である「TMD Friction」の工場で製造された、2,100個のブレーキパッドを供給している。

ブレーキディスクのポートフォリオは、世界中の700万台を超える在庫車両に対する、299の追加車両アプリケーションもカバーし、現在、ブレーキディスクの全範囲は2,600品目以上となっている。

これらの新しいブレーキディスクは、カーボンの含有レベルが高い(高炭素含有量)であり、材料組成が急速な放熱によって特徴づけられていることから、特に弾性が強くなっている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

HELLA Press Releases
https://www.hella.com/


Amazon.co.jp : 12775 に関連する商品
  • コンチネンタル、ソフトウェアを統合・自動更新する技術開発を発表(1月27日)
  • ボッシュ、Ceres Power社との戦略的パートナーシップ強化を発表(1月27日)
  • エスケイエフ、電気自動車向けの厳しい条件に対応するベアリングを開発(1月27日)
  • ヒュンダイ自動車傘下の起亜自動車、「2020 Best Car for the Money」を獲得(1月27日)
  • Hella Pagid、レーシングチーム「Risi Competizione」のスポンサーを継続(1月27日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索