自動車業界ニュース
2019年12月12日(木)
 自動車業界ニュース

ブリヂストン、子会社の技術者がASEマスター・テクニシャン・オブ・ザ・イヤーに選出

新着ニュース30件






























ブリヂストン、子会社の技術者がASEマスター・テクニシャン・オブ・ザ・イヤーに選出

このエントリーをはてなブックマークに追加
車両サービスに関する優秀な技術者
ブリヂストンアメリカスは、2019年ASEマスター・テクニシャン・オブ・ザ・イヤーに、傘下のブリヂストンリテールオペレーションズLLC(以下、BSRO)の車両サービス技術者であるDarin Stalker氏が選ばれたことを報告した。

1722
全米優良自動車サービス協会(ASE)の年次アワードパーティがアリゾナ州フェニックスで開催され、Darin Stalker氏は、業界の優秀な技術者とともに表彰された。

BSROのJoe Venezia社長は、Stalker氏が2019年のASEマスター・テクニシャン・オブ・ザ・イヤーとして表彰されたことを喜び、次のように語った。
「このレベルの知識やスキルを達成するのには、多くの時間、多大な努力、犠牲、生涯にわたり学習をするという意気込みが必要である。我々は、サービスを提供しているすべての地域で、最も信頼できるタイヤプロバイダーとして、また、自動車のケアを行っているという使命を果たすために働いており、Stalker氏が我が社の組織に多くの貢献をしていることを誇りに思う。」(プレスリリースより引用)

9つのASE認定を持ち技術者の指導も
Stalker氏は、ミズーリ州スプリングフィールドにあるFirestone Complete Auto Careの店舗で働いており、BSRO所属の5,000人のASE認定技術者から最高の栄誉に選ばれた。

Stalker氏は1997年、正式な自動車サービストレーニングを受けていない一般サービス技術者としてBSROに雇用された。その後22年間で、技術者レベルを向上させ、現在では9つのASE認定を取得している。

また、スプリングフィールド地域の広範にわたって、経験の少ない技術者の指導者としての役割も果たしており、BSROによる多くのASE試験準備クラスを担当している。

ASEテストのスコアや実地での仕事ぶりなどを評価
ASEテクニシャン・オブ・ザ・イヤーの受賞者は、ASEテストのスコア、実地でのパフォーマンス、地域社会での活動など、厳しい基準に基づいて、雇用主が選定するもの。

ASE認定技術者は、難度の高い機械サービスとメンテナンスに関する扱いに熟練している。ASEテクニシャン・オブ・ザ・イヤーの認定は、自動車サービス業界の技術者に与えられる最高の栄誉の1つである。

ブリヂストンアメリカスの子会社であるBSROは、アメリカ全土に2,200を超える店舗を持つ世界最大級のタイヤおよび自動車サービスセンターのネットワークである。BSROには、Firestone Complete Auto Care、Tires Plus、Hibdon Tires PlusおよびWheel Works店舗ブランドがある。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Bridgestone Americas Press Releases
https://www.bridgestoneamericas.com/


Amazon.co.jp : 1722 に関連する商品
  • ヒュンダイ自動車インド、AC7.2KWチャージャーの拡大などでEVインフラを改善(12月12日)
  • ボルグワーナー、「Healthiest 100 Workplaces in America」に認定(12月12日)
  • コンチネンタル傘下のVitesco Technologies、PHEV用パワートレインのコストを削減(12月11日)
  • デーナ、CTI Berlinで高効率シリコンカーバイドインバーターを展示(12月11日)
  • デンソー、すべての道路使用者の安全性を向上させる取り組みを実践(12月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索