自動車業界ニュース
2020年08月09日(日)
 自動車業界ニュース

ボルグワーナー、高電圧ヘアピン146モーターを電気モーター製品に導入

新着ニュース30件






























ボルグワーナー、高電圧ヘアピン146モーターを電気モーター製品に導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
HVH146モーターの導入
ボルグワーナーは、新たな高電圧ヘアピン(HVH)146モーターを導入し、電気モーター製品を拡大すると発表した。

2020年前半より、主要なOEMに対して、ハイブリッド普通乗用車向けモーターの生産が開始される予定である。146モーターは特許取得済みの多用途HVHシリーズに追加され、モーターアッセンブリおよびローター/ステータアッセンブリとして提供される。

5262
クリーンかつ高性能な推進システム
HVHシリーズのモーターはデザインによる柔軟性があり、多様なコンフィギュレーション(車両レイアウトおよび大まかなプロポーション)と拡張性のある出力・トルクを実現する。

HVH 146モーターは、永久磁石内蔵型電気モーターであり、ハイブリッド電気自動車において、従来のオルタネーターが搭載される位置でのベルト駆動組み込みに最適である。

エンジン前部に取り付けられ、高張力ベルトシステムを介して高出力にて稼働でき、回転数は上限16500rpmまで上げられる。ストップ/スタート(アイドリングストップ)機能、ブレーキ・惰行時におけるバッテリーパックの回生充電としても使用可能となる。

また、コンパクトなパッケージでありながら、精密成形の配線方式が採用され、効率・出力密度は高められる。最高出力35kW、最高トルク65Nmが可能となる。ピーク効率95%が実現し、クリーンな補助電力にてドライビングレンジ(充電1回あたりの走行可能距離)を拡大させる。

パワードライブシステムズ社長兼ジェネラルマネージャーのステファン・デメール(Stefan Demmerle)博士は、クリーンかつ高性能な推進システムのリーダーとして、業界を牽引する出力・トルク密度を提供する、強力な電気モーターの包括的ポートフォリオを構築していくと述べる。

HVH146モーターは、最先端かつ高効率で、環境に配慮した技術に対するニーズを含め、顧客ニーズと同時に政府の規制基準を満たすと補足する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

BorgWarner
https://www.borgwarner.com/

Amazon.co.jp : 5262 に関連する商品
  • マンウントフンメル、顧客サポートに製品コンテンツプラットフォームを使用(8月8日)
  • ThyssenKrupp、ベエッカーヴェルト工場にウォーキングビーム炉を新設へ(8月7日)
  • デンソー、ピッツバーグに自動運転の研究開発を推進するイノベーションラボを設立(8月7日)
  • デンソー、NHRAのデンソースパークプラグNHRA米国ナショナルレース開催を発表(8月7日)
  • ヒュンダイ自動車傘下の起亜自動車、「ストニック」アップグレードをヨーロッパ市場に導入(8月7日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索