自動車業界ニュース
2020年01月24日(金)
 自動車業界ニュース

ボッシュ、サンノゼで自律走行のライドヘイリングプロジェクトを開始

新着ニュース30件






























ボッシュ、サンノゼで自律走行のライドヘイリングプロジェクトを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
自律走行のライドヘイリングプロジェクト
12月9日、ボッシュは、米カリフォルニア州サンノゼにて、メルセデス・ベンツと共に遂行しているオンデマンド配車サービス(ライドヘイリング・ライドシェアサービス)の試験的提供が次段階に入ったと発表した。

アプリベースのオンデマンド配車サービス向けパイロットプロジェクトには、メルセデス・ベンツSクラスベースの自動運転車が用いられ、現在、シリコンバレーの中心地であるサンノゼにて、特定のユーザーグループを限定に運用が開始されている。

1723
自動運転レベル4・5の実現に向けて
自動運転車には、ボッシュとメルセデス・ベンツ2社のドライビングシステムおよびソフトウェアが搭載される。セーフティードライバーによる監視のもと自律走行し、西サンノゼから市街地に掛けてシャトルサービスを展開する。

ボッシュとメルセデス・ベンツは、自律走行のライドヘイリングプロジェクトを通して、自動運転の更なる開発に価値ある、付加的な洞察を与えられ、SAE(Society of Automotive Engineers)が定める自動運転レベル4(高度運転自動)およびレベル5(完全自動運転)が実現されると期待する。

アプリによる配車予約
2017年半ば、サンノゼは、米国で初めて、企業に対して、市内の公道における自動運転車の実地試験を許可した都市である。道路交通の改善に取り組み続け、今回のパイロットプロジェクトを通して都市インフラに貢献し、道路交通安全の向上、環境影響・交通流量の改善を目指す。

配車サービスの試験運用段階に入り、ボッシュおよびメルセデス・ベンツのパートナーであるダイムラーは、フリートプラットフォームの開発・試験段階に入った。フリートプラットフォームにより、メルセデス・ベンツのセルフドライビングとサービスポートフォリオをシームレスに統合できる。

また、配車サービスにはダイムラーが開発したアプリが使用され、特定の乗車地から降車地まで、自動運転シャトルの利用予約ができる見込みである。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Bosch
https://www.bosch-presse.de/


Amazon.co.jp : 1723 に関連する商品
  • ティッセンクルップ、4年連続でCDP気候変動Aリスト企業に認定(1月23日)
  • ヒュンダイ自動車「ヴェロスター N」、「最も運転が楽しい自動車オブ・ザ・イヤー」に(1月23日)
  • コンチネンタル、次世代モビリティの技術をサポートするWebポータルを開設(1月23日)
  • Apollo Tyres、サッカーのマンチェスターユナイテッドと提携プログラムを開始(1月23日)
  • シェフラー、アフターマーケット向けに48Vハイブリッド修理ソリューション提供(1月22日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索