自動車業界ニュース
2020年02月26日(水)
 自動車業界ニュース

ヒュンダイ、第2世代2.0電気自動車を開発したテクノロジー企業に投資

新着ニュース30件






























ヒュンダイ、第2世代2.0電気自動車を開発したテクノロジー企業に投資

このエントリーをはてなブックマークに追加
英国・スタートアップと戦略的パートナーシップ
ヒュンダイと起亜は、英国の電気自動車開発を行うスタートアップ企業・Arrival社と戦略的投資を行ったと1月16日に発表。両社は共同でクリーンエネルギー車両の開発を行うことになった。

19619
1億ユーロの投資でテクノロジーを導入
Arrival社は、第2世代2.0電気自動車を開発したテクノロジー企業。ヒュンダイと起亜は、Arrival社に1億ユーロの投資を行うことになった。

これにより、バンやトラック、物流車両、シャトルサービス等複数の車両製品開発に、Arrival社が展開する持続可能なクリーンエネルギーソリューション「スケートボード」EVプラットフォームを導入する。

バッテリーパック、電気モーター、ドライブラインコンポーネントを組み込んだ費用対効果の高いコンポーネントだ。

ヨーロッパ市場のニーズに合わせて
ヨーロッパでは、環境に配慮されたクリーンネルギーの商用車の導入がすすめられている。

Arrival社に協力することによりヒュンダイは、これまでの自動車メーカーという位置づけだけではなく、ヨーロッパ市場でクリーンモビリティプロバイダーとしてのブランド改革を促す戦略がある。

またArrival社でも、今回のパートナーシップにより、第2世代2.0電気自動車の品質をグローバルに拡張できるチャンスとなると述べている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ヒュンダイのプレスリリース
https://www.hyundai.com/


Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • デーナ、クラス4および5商用車両向けSpicer「eS9000r」eアクスルの生産を開始(2月26日)
  • ボッシュ、Human Horizons社とクラウド技術のバッテリーに関する協力を開始(2月26日)
  • エバスペヒャー、アグリショーブラジルで熱管理ソリューションを展示(2月26日)
  • ヒュンダイ自動車、「ソナタ」が「50,000ドル以下の10ベストカー・インテリア2020」を獲得(2月26日)
  • メリトール、北米でスムーズな製品流通オンデマンドシステムを発表(2月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索