自動車業界ニュース
2020年02月22日(土)
 自動車業界ニュース

ティッセンクルップ、4年連続でCDP気候変動Aリスト企業に認定

新着ニュース30件






























ティッセンクルップ、4年連続でCDP気候変動Aリスト企業に認定

このエントリーをはてなブックマークに追加
4年連続で気候変動Aリスト企業入り
1月20日、ThyssenKrupp(ティッセンクルップ)は、国際的な非営利組織「カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)」より企業の気候保護に対する取り組みが認められ、2019年度の気候変動Aリスト企業に認定されたと発表した。

CDPは、気候データの透明性要件を満たす、企業および企業の顧客・サプライヤーの環境パフォーマンスを改善する首尾一貫した戦略を策定する観点より、企業をAからFで評価する。

優れた企業活動および気候保護を行う企業に対してAを与え、今回は179社が気候変動Aリスト企業入りを果たした。ティッセンクルップは、4年連続のA取得企業となった。

12734
二酸化炭素排出量削減の取り組み
ティッセンクルップ最高経営責任者のマルティナ・メルツ(Martina Merz)氏は、ランキングによって、生産および製品を通して排出されるカーボンフットプリント(二酸化炭素・温室効果ガス排出量)を削減する組織的な取り組みが認められたと述べる。

また、気候変動戦略のもと、2050年までに、生産プロセスから製品に至るまでの二酸化炭素排出量を「climate neutral(クライメイト・ニュートラル:実質排出ゼロ)」にすることを目指す。

2030年までには、製品の使用より排出される二酸化炭素量を16%削減させ、早ければ2030年を目処に、生産や外注エネルギーの二酸化炭素排出量が約30%減になる見込みである。

(画像はThyssenKruppより)


外部リンク

URL
ThyssenKrupp
https://www.thyssenkrupp.com/


Amazon.co.jp : 12734 に関連する商品
  • ボッシュのIoTプラットフォーム「Bosch IoT Suite」の事例を紹介(2月22日)
  • コンチネンタル✕Kordsa、新しいタイヤ技術を発表(2月22日)
  • コンチネンタル、Menke Agrarと戦略的パートナーシップを締結(2月22日)
  • メリトール、ダイムラーから2019年の「サプライヤー賞」に選出(2月22日)
  • オートリブ、インドにおける交通安全を向上させるための勧告を発表(2月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索