自動車業界ニュース
2020年02月22日(土)
 自動車業界ニュース

ボルグワーナー、初めて「eTurbo」のOEM契約を締結

新着ニュース30件






























ボルグワーナー、初めて「eTurbo」のOEM契約を締結

このエントリーをはてなブックマークに追加
初となるOEM契約
1月23日、ボルグワーナーは、ヨーロッパ大手のOEMと乗用車向け電動ターボ「eTurbo」のOEM契約(生産提携契約)を締結したと発表した。

ボルグワーナーにとって、今回の契約は、初の「eTurbo」連続生産契約となる。なお、「eTurbo」大量生産は、2022年の開始を予定している。

5262
優れたトルク応答およびエンジンの過渡応答性
「eTurbo」は、ターボチャージャーと電子モーターにて構成される。電子モーターは、シャフトに直接、接合され、モーターかつジェネレーター(発電機)として機能する。

従来のターボチャージャーがもつ利点に電動ブーストアシストが付加され、発電に伴う過剰なタービンエネルギーを検知し、後処理システムとエアフューエルレシオコントロール(空燃比制御)を介して排出量を削減する。燃費効率は改善され、将来的に一層厳しくなる、世界の自動車排出ガス規制も満たせる。

トルク応答は高まり、エンジンの過渡応答性は200%以上となる。ターボラグ(ターボチャージャーによる過給エンジンにおいて、減速後に再加速した際にコンプレッサーが機能するまでの遅延時間)は排除され、これまでにない低速トルクが実現される。

エミッションおよびサーマルシステムズ社長兼事業本部長のジョー・ファドゥール(Joe Fadool)氏は、パフォーマンスの改善、燃料効率やエネルギー効率の向上、排ガス削減を含めて、顧客にとって極めて重要な便益を提供でき、「eTurbo」はパワフルかつ高性能なソリューションであると述べる。

また、この種のテクノロジーにとって業界最大の契約締結であり、重要なマイルストーンになると説明する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

BorgWarner
https://www.borgwarner.com/

Amazon.co.jp : 5262 に関連する商品
  • ボッシュのIoTプラットフォーム「Bosch IoT Suite」の事例を紹介(2月22日)
  • コンチネンタル✕Kordsa、新しいタイヤ技術を発表(2月22日)
  • コンチネンタル、Menke Agrarと戦略的パートナーシップを締結(2月22日)
  • メリトール、ダイムラーから2019年の「サプライヤー賞」に選出(2月22日)
  • オートリブ、インドにおける交通安全を向上させるための勧告を発表(2月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索