自動車業界ニュース
2020年04月06日(月)
 自動車業界ニュース

プラスチックオムニウム、初のウォーターインジェクションシステム量産契約を締結

新着ニュース30件






























プラスチックオムニウム、初のウォーターインジェクションシステム量産契約を締結

このエントリーをはてなブックマークに追加
初のウォーターインジェクションシステム量産契約
2月13日、プラスチックオムニウムは、ヨーロッパの高級車メーカーより、ガソリンエンジン用の革新的な排出制御システム「ウォーターインジェクションシステム(水噴射システム)」の量生契約を獲得したと発表した。

今回、初めてウォーターインジェクションシステムの量産契約に至った。

10136
エンジンの排ガス削減と効率・性能の向上
ガソリンエンジンにおいて、ガソリンの一部は特に高回転域の冷却に用いられるが、ウォーターインジェクションシステムは、ガソリンによる冷却を水で代替する。ウォーターインジェクション技術により、内燃機関であるガソリンエンジンの排出ガスは削減できる。

ウォーターインジェクションシステムは内燃機関の燃焼室に統合され、混合気(気体のガス燃料、霧状の液体燃料が混ざり合った状態の空気)を水噴射にて冷却する。

従来のガソリンによる冷却を水が代替するゆえ、二酸化炭素(CO2)排出量が最大15%削減できる。一方、エンジン効率およびパフォーマンスは最大10%向上する。

なお、内燃機関の燃焼室は、シリンダーヘッド、ピストンが上死点に達した位置でシリンダー壁面およびピストン冠面にて囲まれた空間であり、ガソリンなどの燃料を燃焼する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

PLASTIC OMNIUM
https://www.plasticomnium.com/


Amazon.co.jp : 10136 に関連する商品
  • ボッシュ、低速無人車両の試験を遂行中(4月6日)
  • ヒュンダイ自動車アメリカ、3月及び第1四半期の合計販売台数を発表(4月6日)
  • ヒュンダイ自動車、シンガポールにイノベーションセンターを設立(4月4日)
  • ヒュンダイ自動車傘下の起亜自動車アメリカ、3月の合計販売台数を発表(4月4日)
  • ヒュンダイ自動車傘下の起亜自動車、「Best New Cars for 2020」を受賞(4月3日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索