自動車業界ニュース
2020年07月13日(月)
 自動車業界ニュース

ヒュンダイ自動車、2モデルが「Greenest Vehicles of 2020」にランクイン

新着ニュース30件






























ヒュンダイ自動車、2モデルが「Greenest Vehicles of 2020」にランクイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
「Greenest Vehicles of 2020」の受賞
2月13日、ヒュンダイ自動車は、「2020 Hyundai IONIQ Hybrid Blue(ヒュンダイ・アイオニック・ハイブリッドブルー)」および「2020 Hyundai IONIQ Electric(ヒュンダイ・アイオニック・エレクトリック)」が「Greenest Vehicles of 2020」 を受賞したと発表した。

「Greenest Vehicles(グリーンビークル)」 は、非営利組織である米国エネルギー効率経済協議会(ACEEE)が発表する最も環境にやさしい自動車の格付けである。

米国エネルギー効率経済協議会は、運転、製造および再利用の過程からの排出量に基づき、ライフサイクル分析(製品・サービスに対する環境影響評価)を行い、格付けスコアを決定する。

19619
高性能かつロー・エミッション
近年、グリーンビークル(低公害車)セグメントは拡大し、市場競争が激化しつつある。今回、「Greenest Vehicles of 2020」では、最も環境に配慮した自動車12モデルが選出された。

ヒュンダイ自動車の2モデルは、米国エネルギー効率経済協議会より環境影響が評価され、高スコアを獲得した。(アイオニック・ハイブリッドブルー:66スコア、アイオニック・エレクトリック:65スコア) なお、アイオニック・エレクトリックは、3年連続のランクインとなった。

ヒュンダイ自動車アメリカ 商品企画ディレクターのスコット・マーガソン(Scott Margason)氏は、サステナビリティ(持続可能性)に対するグローバルコミットメントは、高性能かつロー・エミッション(低排出量)を求めるドライバーのニーズを満たすと述べる。

また、グリーンビークルセグメントは、益々、市場競争が激化するゆえ、今回、「Greenest Vehicles of 2020」へのランクインは非常に名誉であると続ける。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

HYUNDAI
https://www.hyundainews.com/en-us/releases/2987
Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • HMMA、PPEをモンゴメリー・エリアのヘルスケアプロバイダーなどに提供(7月12日)
  • テネコ、新たなCOOにKevin Baird氏を任命(7月12日)
  • ネクステア、GMのサプライヤー・オブ・ザ・イヤー賞を獲得(7月11日)
  • コンチネンタル、電動パーキングブレーキのアフターマーケット製品範囲を拡大(7月11日)
  • プラスチックオムニウム、第二回「INNOVATION AWARDS」を決定(7月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索