自動車業界ニュース
2019年11月14日(木)
 自動車業界ニュース

ベントラー、スペインにPSAグループ向け部品の生産を行う新工場を開設

新着ニュース30件






























ベントラー、スペインにPSAグループ向け部品の生産を行う新工場を開設

このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいプラットフォームで使用する部品を製造
ベントラーは18日、スペイン、ビーゴ近郊のモスに新しい工場を開設したことを発表した。

10961
同社の自動車部門の一部である新しい工場は12,000平方メートルの面積を持ち、スペインにおける8番目の工場となる。

この工場では、溶接、塗装そしてレーザー切断に焦点を置いた製造を行い、世界の自動車メーカーであるPSAグループに向けた、新しいプラットフォームで使用するリアアクスルコンポーネントを生産する予定である。

ベントラーは、すでにビーゴで550人の従業員を擁しているが、新しい工場により、ガリシア州の地域でさらに175人の雇用を創出することとなる。

最新デジタルテクノロジーによるスマートファクトリー
また、この工場は、同社にとって、南ヨーロッパ地域で初となるスマートファクトリーとして建設されており、最新のデジタルテクノロジーを使用する。

例えば、自律型インテリジェントビークル(AIV)が、工場内で、自律的で高速に製品および材料を移動する。また、各機械は自律的にその状態を監視し、適切な時期にメンテナンスを要求するため、生産停止とならずに、サービスコストが最小となる。

さらに、ビッグデータアーキテクチャにより、大量のデータを評価し処理することができ、工具や消耗品のデザインに3Dプリントを使用するなどの特徴がある。

ベントラー・インターナショナルのAGの最高経営責任者(CEO)であるRalf Göttel氏は、次のように述べた。
「我々は、世界の自動車業界における我が社の顧客にとって、業界をリードするグローバルパートナーである。スペインは我が社の戦略的に重要な市場の1つであり、モスの新しいスマート工場によって、我々は、時間と品質、コストに関して、より迅速で効果的、そして、より柔軟に顧客にサービスを提供していく。」(プレスリリースより引用)

人材開発などで地域の経済発展に貢献
そして、今回開設したモス工場、およびビーゴ地域では人材の育成にも力を入れている。

すでに、地元の専門学校およびビーゴ大学とのパートナーシップを確立しており、2014年にこの地域内でデュアルトレーニングプログラムを開始している。また、新工場では、従業員の能力を育成するための特別なトレーニングプログラムを開発する。

これらは、この地域の経済発展を強化するための重要なステップである。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Benteler Press Releases
https://www.benteler.com/


Amazon.co.jp : 10961 に関連する商品
  • ボルグワーナー、「The Detroit Free Press Top Workplaces award」の2年連続受賞(11月14日)
  • デーナ、フェントとのアクスル共同開発契約を拡大(11月14日)
  • ブリヂストンインド、2020年からEMEA地域の事業部門に移行(11月13日)
  • ベバスト、アグリテクニカで電化と温度管理のソリューションを展示(11月13日)
  • コンチネンタル、カーボンブラック製造業とタイヤ回収の契約を締結(11月13日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索