自動車業界ニュース
2019年09月20日(金)
 自動車業界ニュース

ボッシュ、車載ディスプレイの3次元化へ

新着ニュース30件






























ボッシュ、車載ディスプレイの3次元化へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
車載ディスプレイのトレンド
8月12日、ボッシュは、コックピットの最新トレンドを受け、車載ディスプレイの3次元化を進めると発表した。

カーマルチメディア事業部長のステファン・バーンズ(Steffen Berns)氏は、車載ディスプレイが対話型システムになりつつあると述べる。世界の車載ディスプレイ市場は、2025年までに15兆ドルから30兆ドル、2倍に拡大すると予測される。

1723
安全性・効率性の向上
将来のコックピットでは、デジタルディスプレイがドライバーと車両の相互作用において重要な役割を担うことになる。ディスプレイの機能・性能は高まり、サイズは拡大し、視覚的訴求は強まる。

3Dディスプレイではパッシブ3D技術が活用され、映画などの映像エンターテインメントに加えて、視覚的情報が提供される。従来のディスプレイと比べ、3D効果により、ドライバーは、支援システムまたは交通渋滞警報など重要な情報を視覚的に迅速かつ正確に取得でき、運転の安全性が向上する。

例えば、駐車の際、リアビューカメラの映像は現実性が増し、ドライバーは瞬時に障害物を特定したうえで、後方のスペースを正確かつ迅速に把握できる。障害物への衝突回避、限られたスペースにて効率的な駐車が可能になる。

また、セントラルプロセッシングユニットにおいて、コントロール機能が統合され、効率性は高まる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

BOSCH
https://www.bosch-presse.de/

Amazon.co.jp : 1723 に関連する商品
  • ヒュンダイ自動車「KONA」、AutoPacific社「IVA 2019」を獲得(9月20日)
  • ブリヂストン・アメリカスOEタイヤ部門社長、「自動車業界サミット 2019」に参加(9月20日)
  • HELLA、第一汽車グループとの業務提携を強化(9月19日)
  • コンチネンタル、タイヤ産業向けのアプリケーション開発で合同会社を設立(9月19日)
  • 起亜自動車アメリカ、「後席置き去りアラート」を全「テルライド」に搭載(9月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索