自動車業界ニュース
2019年09月20日(金)
 自動車業界ニュース

エバスペヒャー、「Bus World 2019」にて革新的な冷暖房・換気ソリューションを出展

新着ニュース30件






























エバスペヒャー、「Bus World 2019」にて革新的な冷暖房・換気ソリューションを出展

このエントリーをはてなブックマークに追加
革新的な冷暖房・換気ソリューション
8月15日、エバスペヒャーは、世界最大規模のバス関連展示会「Bus World 2019」(10月18~23日、ベルギー・ブリュッセルで開催)にて、サイズ・ドライブタイプ別のバス用冷暖房・換気ソリューションを出展すると発表した。

ハイブリッド・電気バス向け電熱管理システム「AC 136 HP CO2」 、ミニバス・ミディバス向けエアヒーター 「Airtronic L3 Commercial」、大型バス向け強力余熱器「Hydronic L3」 が展示される。

23452
環境への配慮
「AC 136 HP CO2」 は、電子制御の空調装置であり、ルーフに設置される。ハイブリッドおよび電気バス向けの環境に配慮した冷暖房ソリューションとなる。2021年からの販売を予定している。

また、二酸化炭素(CO2)を自然冷媒し、特に低い外界温度では、化学的な冷媒と比べ、ヒートポンプの性能運転が高まる。可逆式冷媒サイクルとなり、バスに付加的エネルギーを課すことなく、冷暖房機能を最適化できる。

「Airtronic L3 Commercial」は、第三世代エアヒーター「Airtronic(エアトロニック)」になる。「Bus World 2019」では、2020年秋から販売開始されるミニバス・ミディバス向けディーゼル用エアヒーターが展示される。

小さなスペースに搭載でき、全熱出力は6kWtである。運転音は静かで、静音性に優れ、高度5500メートルまではバーナー操作の自動調整が可能となる。

さらに、大型バス向けの「Hydronic L3」 は2021年より販売開始予定とされるが、熱出力は16kWから35kWまで増す。従来の製品と比べ、小型化し、多様な気候に対応できる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Eberspacher
https://www.eberspacher.com/


Amazon.co.jp : 23452 に関連する商品
  • ヒュンダイ自動車「KONA」、AutoPacific社「IVA 2019」を獲得(9月20日)
  • ブリヂストン・アメリカスOEタイヤ部門社長、「自動車業界サミット 2019」に参加(9月20日)
  • HELLA、第一汽車グループとの業務提携を強化(9月19日)
  • コンチネンタル、タイヤ産業向けのアプリケーション開発で合同会社を設立(9月19日)
  • 起亜自動車アメリカ、「後席置き去りアラート」を全「テルライド」に搭載(9月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索