自動車業界ニュース
2019年09月20日(金)
 自動車業界ニュース

ボルグワーナー、AWDカップリングを最適化

新着ニュース30件






























ボルグワーナー、AWDカップリングを最適化

このエントリーをはてなブックマークに追加
クラス最高の機能・性能に
8月22日、ボルグワーナーは、最新世代の前輪駆動(AWD)カップリングが、コンパクトブラシレスDC(BLDC)モーターと高集積回路により最適化されると発表した。

集積回路によるブラシレスDCモーターの最適化は、AWDカップリングに業界を牽引するダイナミクスと耐久性をもたらす。燃焼機関、ハイブリッド車、電気自動車向けシステムにおいて、新たなクラスのアクチュエータが創出できるという。

5262
軽量化と効率性・耐久性の向上
ボルグワーナー社内設計のブラシレスDCモーターは、従来のAWDカップリングに比べて耐久性が高く、軽量化デザインが採用され、約15%の軽量が実現した。軽量化・ハイパフォーマンスデザインにより、クラス最高の応答時間、トルク密度・精度となり、車両操縦・安定性・トラクションは向上する。

また、ハイストップ/スタート機能が備わり、エコモードの重要な鍵となる。モーターコントロールアルゴリズムはシステムを最適化し、ハイブリッド車やピュア電気自動車に新たなアクチュエータアプリケーションを導入できる。

パワードライブシステムズ社長兼ジェネラルマネージャーのステファン・デメール(Stefan Demmerle)博士は、抜群の耐久性を備えた省燃費ストップ/スタートシステムの機能・性能を向上させるべく、ボルグワーナーは最先端技術の革新や開発に取り組み続けると述べる。

エネルギー効率の向上
AWDカップリングは、2つの車軸間の速度差とは無関係に働き、路面状態や車両荷重分布に応じてロッキングトルクが生まれる。ドライバーにとって、あらゆる速度、あらゆる状況においてバランスの取れたトルク制御が可能になる。

DCモーターの稼働寿命はブラシシステムや整流子の摩耗に影響されるが、ブラシレスDCモーターには完全に排除されている。トルクトランスファーが不要の場合、エコモードになり、モーターは完全に止まり、エネルギー消費は削減する。摩擦ディスクパックへの潤滑フローにより、オイル消費を最小限に抑えられる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

BorgWarner
https://www.borgwarner.com/


Amazon.co.jp : 5262 に関連する商品
  • ヒュンダイ自動車「KONA」、AutoPacific社「IVA 2019」を獲得(9月20日)
  • ブリヂストン・アメリカスOEタイヤ部門社長、「自動車業界サミット 2019」に参加(9月20日)
  • HELLA、第一汽車グループとの業務提携を強化(9月19日)
  • コンチネンタル、タイヤ産業向けのアプリケーション開発で合同会社を設立(9月19日)
  • 起亜自動車アメリカ、「後席置き去りアラート」を全「テルライド」に搭載(9月18日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索