自動車業界ニュース
2020年08月12日(水)
 自動車業界ニュース

ヒュンダイ自動車、後部座席リマインダーシステムの標準装備を要求

新着ニュース30件






























ヒュンダイ自動車、後部座席リマインダーシステムの標準装備を要求

このエントリーをはてなブックマークに追加
子供の熱中症死の撲滅に向けて
6月30日発表プレリリースを通して、ヒュンダイ自動車アメリカは、車内に残された子供の熱中症死の撲滅に向けて、ドライバーが降車時に「Rear Seat Reminder system(後部座席リマインダーシステム)」を使用することを呼び掛けた。

同社は、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)に対して、改めて後部座席リマインダーシステムの標準装備を働き掛けている。

19619
後部座席リマインダーの標準装備を推奨
後部座席の視覚的リマインダーとしては、例えば、後部座席のチャイルドシート隣にブリーフケース、財布、携帯電話などを置くことにより、車を離れる際、必ず後部座席を確認する。あるいは、降車時、ぬいぐるみなどをチャイルドシートに置き、ぬいぐるみが他の座席にある場合には子供がチャイルドシートにいると確認できる。

ヒュンダイ自動車ノースアメリカ最高安全責任者のブライアン・ラトゥーフ(Brian Latouf)氏は、後部座席の確認に要する時間は僅か数秒間であるが、それによって、車内に残された子供の熱中症死を防げるとコメントする。

ドアロジックRAOの標準装備
ヒュンダイ自動車は、2022年までに、新型モデルのドアロジックシステム「Rear Occupant Alert(RAO)」装備を自発的に提案している。RAOシステムは2タイプあり、後部ドアの開閉を検知した場合、車の発進前あるいはドライバーの降車前に、センタークラスターにメッセージを表示し、ドライバーに対して後部座席の確認を警告する。

現在、「Santa Fe(サンタフェ)」「Palisade(パリセード)」「Sonata(ソナタ)」「Sonata Hybrid(ソナタ・ハイブリッド)」(全て2020年モデル)は、標準装備として、ドアロジックRAOの利用が可能となる。

今年末までに、ドアロジックRAOは「ソナタ」および「ソナタ・ハイブリッド」2020年モデルに追加され、「Elantra(エラントラ)」2021年モデルには標準装備される。

また、今後、ファミリーカーである「パリセード」「サンタフェ」をはじめ、より多くのモデルに対して、超音波ドアロジックシステム「Ultrasonic Rear Occupant Alert(ROA)」、類似したセンサーベースのシステムの搭載が予定されている。

Ultrasonic ROAでは、超音波センサーにて、2列目以降の座席に居る子供あるいはペットの動きを検知する。ドライバーの降車後、ドアの施錠後、超音波センサーが後部座席に動きを検知した場合、警報音が鳴り、ヒュンダイ自動車独自のインフォテインメントシステム「Blue Link」を介してドライバーのスマートフォンに警告を送る。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

HYUNDAI
https://www.hyundainews.com/en-us/releases/3076

Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • 起亜自動車、ロサンゼルスで環境に優しいパンデミック・モビリティ・サポートを提供(8月12日)
  • ヒュンダイ自動車アメリカ、製品企画&モビリティ戦略部門の新たな副社長を発表(8月12日)
  • コンチネンタル、aft automotiveと合弁会社を設立(8月11日)
  • 玲瓏タイヤ、2020年中国で最も価値のあるブランド500で116位にランクイン(8月11日)
  • デンソー、学生の研修機会であるCo-opプログラムについて紹介(8月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索