自動車業界ニュース
2020年08月12日(水)
 自動車業界ニュース

コンチネンタル、後付け式ターンアシストシステムについて紹介

新着ニュース30件






























コンチネンタル、後付け式ターンアシストシステムについて紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
ターンアシストシステムにより多くの右折事故を防止
コンチネンタルは6月30日、自転車利用者と歩行者を検出して分類することができるレーダーベースの専用システムを採用した、商用車に簡単に後付けできるターンアシストシステムについてホームページで説明した。

1674
商用車&サービス事業部門の責任者であるGilles Mabire氏は、「脆弱な道路使用者の安全性を高めることは、重要な社会的責任である。」と言及している。

現在、新型コロナウィルス感染症の影響で、地域の公共交通機関を利用せず、その代わりに自転車を使用している人が増えていることから、このことは今まで以上に重要となっている。

コンチネンタルが提供する後付け式ターンアシストシステムは、歩行者や自転車やスクーター利用者がバスやトラックの側面の死角に入るとすぐに、商用車のドライバーに警告することで、安全性を大幅に向上させている。

ドイツ保険業界・事故研究所によると、ドイツだけでも、致命的となる自転車事故の36%が右折アシストシステムによって防止することができた。

2024年までに、このような後付け式のシステムは、ヨーロッパのすべての新しいトラックにおいて、徐々に義務化されるだろう。自分で後付けすることは、すでに使用中であるトラックにおいて装備のギャップを埋めるための国家による助成方法である。

バックミラーにセンサーシステムを取り付け
Statistaのデータでは、現在、ドイツで登録されている車両は300万台を超えている。この技術は、トラックに簡単に取り付けることができる。レーダーセンサーシステムはバックミラーに取り付けられ、車両の側面から最大で4メートル、車両の後方で最大14メートルの領域を監視することができる。

コンチネンタルは、トラックと乗用車向けのターンアシストシステムの分野で、何年にもわたる幅広いノウハウと専門知識を保有している。そして、すでに、第3世代の技術の開発が始まっている。

将来的には、レーダーやカメラデータと人工知能(AI)を組み合わせることで、自転車利用者や歩行者のジェスチャーさえも認識し、最も脆弱な道路利用者を、より積極的に保護することに役立つ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Continental Press Releases
https://www.continental.com/


Amazon.co.jp : 1674 に関連する商品
  • 起亜自動車、ロサンゼルスで環境に優しいパンデミック・モビリティ・サポートを提供(8月12日)
  • ヒュンダイ自動車アメリカ、製品企画&モビリティ戦略部門の新たな副社長を発表(8月12日)
  • コンチネンタル、aft automotiveと合弁会社を設立(8月11日)
  • 玲瓏タイヤ、2020年中国で最も価値のあるブランド500で116位にランクイン(8月11日)
  • デンソー、学生の研修機会であるCo-opプログラムについて紹介(8月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索