自動車業界ニュース
2020年08月03日(月)
 自動車業界ニュース

ヒュンダイ自動車、新型「エラントラNライン」のデザインを公開

新着ニュース30件






























ヒュンダイ自動車、新型「エラントラNライン」のデザインを公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Nブランドにインスパイア
7月7日、ヒュンダイ自動車は、新型スポーツセダン「Elantra N Line(エラントラN Line)」のレンダリングデザインを公開した。

新型「エラントラN Line」は第7世代であり、エラントラ史上、初めて、高性能ブランド「N」に影響を受けたスポーツセダンとなる。

N Lineトリム(ウインドウやドア回りなど、内張り・内装の装飾部分)は、メッシュグリル、サイドスカート、18インチのアロイ(合金)ホイールによって、人気のあるセダンをスポーティなロー&ワイドスタイル(全幅が広く、全高が低い)にする。

19619
スポーティな見た目と優れたパフォーマンス
ヒュンダイ自動車グループ副社長兼商品部門長のトーマス・シュミエラ(Thomas Schemera)氏は、「エラントラN Line」をよりアグレッシブなデザインであり、外装・内装には「N Line」の象徴である赤色がアクセントを加え、販売価格は魅力的であると説明する。

新型「エラントラN Line」は、ロー&ワイドスタイルが特徴的である。ヒュンダイ自動車の象徴である「カスケードグリル」はエッジの効いたN Lineバージョンとなり、鼻(フロントグリル)を隠し、空気取入口はモータースポーツにインスパイアされている。

サイドスカート、大きなブレーキを装備する18インチのアロイホイールは、スポーティなデザインをより強調する。また、サイドミラー、N Lineウィンドウアクセント、サイドスカートは、高性能「N」ブランドのグロスブラックにて仕上げられている。リアは彫が深く、それゆえ、シングルツインエキゾースト、リアディフューザーがロー&ワイドスタイルに合う。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

HYUNDAI
https://www.hyundainews.com/en-us/releases/3082

Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • 起亜自動車アメリカ、「K5 2021」の機能を紹介するスタントをオンラインで実施(8月3日)
  • AAM、電動ドライブ技術が「「Baojun E300 Plus」に採用(8月2日)
  • ヒュンダイ自動車アメリカのNPO、新型コロナウイルスの検査センター開設に寄付(8月2日)
  • ブリヂストン・アメリカス、消費者向け交換タイヤ販売&マーケティング部門に新社長が就任(8月2日)
  • ヒュンダイ自動車インド、新型「クレタ」の予約件数が55,000件以上に(8月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索