自動車業界ニュース
2020年08月12日(水)
 自動車業界ニュース

ヒュンダイ自動車アメリカのCOOであるブライアン・スミス氏が退社へ

新着ニュース30件






























ヒュンダイ自動車アメリカのCOOであるブライアン・スミス氏が退社へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
「パリセード」などセグメントを定義する車両開発を主導
ヒュンダイ自動車アメリカのCOOであるブライアン・スミス氏が7月6日に退社することを、同社が7月2日に発表した。

同氏は2017年10月に同社に加わり、新型「パリセードSUV」や「ソナタ・セダン」などといったセグメントを定義する車両の開発を主導してきた人物だ。7月6日付で同氏が退社することでCOOのポストが空くことになるが、同社は世界の地域管理構造の優先順位付けと統合を継続しているため、現時点で次のCOOを決定しない方針だ。

19619
合計販売台数の約70%を占めるSUVラインアップに
ブライアン・スミス氏の力もあり、同社は現在合計販売台数の約70%を占めるSUVラインアップを生み出すことに成功。数多くのローンチイベントやオートショーで会社を代表してプレゼンテーションなども行ってきた。

ヒュンダイ自動車北アメリカの社長兼CEOのホセ・ムニョス氏は、
「ブライアン・スミスは、SUVポートフォリオの完成と新しいセダンの発売、そしてヒュンダイディーラー広告協会の再編成と成長に尽力してきた。全国ディーラー評議会とも緊密に連携し、我々のディーラーとのより良い関係を構築してくれた。」(プレスリリースより引用)
と話している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ヒュンダイ自動車アメリカ プレスリリース
https://www.hyundainews.com/en-us/releases/3080


Amazon.co.jp : 19619 に関連する商品
  • 起亜自動車、ロサンゼルスで環境に優しいパンデミック・モビリティ・サポートを提供(8月12日)
  • ヒュンダイ自動車アメリカ、製品企画&モビリティ戦略部門の新たな副社長を発表(8月12日)
  • コンチネンタル、aft automotiveと合弁会社を設立(8月11日)
  • 玲瓏タイヤ、2020年中国で最も価値のあるブランド500で116位にランクイン(8月11日)
  • デンソー、学生の研修機会であるCo-opプログラムについて紹介(8月11日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索