自動車業界ニュース
2020年08月03日(月)
 自動車業界ニュース

デーナ、運搬車両向けに新たなドライブテクノロジーを導入

新着ニュース30件






























デーナ、運搬車両向けに新たなドライブテクノロジーを導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
産業用フォークリフト向けのドライブテクノロジー
7月7日、デーナは、フォークリフト(リフトトラック)向けの新たな電気モーター、ドライブアクスルを公開した。

今回、クラスI、IV、Vの産業用フォークリフト向けモジュラーの新シリーズおよび高性能ドライブアクスル、電動アプリケーション用の低圧高効率モーターを含む、運搬車両向けのドライブテクノロジーが導入される。最新のイノベーションは、従来型および電動車両の設計をサポートする。

5010
最優先の要求条件に応じて
デーナは、内燃機関にて稼働する従来型アプリケーション向けの特殊アクスル、トランスミッション、ドライブシャフトの幅広いポートフォリオを有する。合わせて、低圧・高圧(24~800v)アプリケーション用の電気モーター、インバーター、コントローラーは、全種を揃えている。

新たに導入される技術により、デーナは、車両設計に対して、ボルト締め可能かつ完全統合型のアプローチをサポートするモジュラーシステムを提供する。

また、デーナが有する柔軟性により、システムの複雑性は軽減され、新製品の開発から市場導入までの時間が短縮される。車両ライフサイクルへのイノベーション導入が促進される。

さらに、モーションシステムの供給、高度なセンサーおよびコントロールの開発を通して、生産性は最適化され、製品寿命の最大化、メンテナンスの削減がもたらされる。

今回、クラスI、IV、Vの産業用フォークリフト向けに 「Spicer 141 axle」が開発された。新たなアクスルは、スケーラブル(サイズ変更可能)かつモジュール性のプラットホームであり、高荷重に適する。耐久性、信頼性に優れ、メンテナンスは簡略化される。

オフハイウェイドライブ・アンド・モーションテクノロジー社長のアズィーズ・アギリ(Aziz Aghili)氏は、運搬車両メーカーにとって、パフォーマンス・効率・モジュール性は、最優先の要求条件であると説明する。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

DANA
https://www.dana.com/
Amazon.co.jp : 5010 に関連する商品
  • 起亜自動車アメリカ、「K5 2021」の機能を紹介するスタントをオンラインで実施(8月3日)
  • AAM、電動ドライブ技術が「「Baojun E300 Plus」に採用(8月2日)
  • ヒュンダイ自動車アメリカのNPO、新型コロナウイルスの検査センター開設に寄付(8月2日)
  • ブリヂストン・アメリカス、消費者向け交換タイヤ販売&マーケティング部門に新社長が就任(8月2日)
  • ヒュンダイ自動車インド、新型「クレタ」の予約件数が55,000件以上に(8月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索