自動車業界ニュース
2020年08月03日(月)
 自動車業界ニュース

ベントラー、新しいEU-7規格に準拠する電気加熱式触媒コンバーターを開発

新着ニュース30件






























ベントラー、新しいEU-7規格に準拠する電気加熱式触媒コンバーターを開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
コールドスタート時ほぼ100%の汚染物質を除去
ベントラーは、コールドスタート時にほぼ100%の汚染物質を確実に除去する、新しい電気加熱式触媒コンバーターを開発したことを発表した。

10961
同社は、自動車メーカーに新しいEU-7規格の厳しい汚染物質要件に準拠したソリューションを提供し、持続可能なモビリティに貢献している。

この電気加熱式触媒コンバーターは、ターボチャージャーと従来の触媒コンバーターの間の排気システムに溶接された積層金属構造で構成されており、ガソリン・ディーゼル・ハイブリッドにかかわらず、内燃エンジンを搭載したすべての車両に適している。

電気加熱式触媒を製造するには、ベントラーがコアコンピタンスとしている、成型と高温ろう付けに関する専門知識が必要である。

同社は、自動車業界の経験豊富なパートナーとして、世界中で製品を大規模に生産することができる。

インターフェースの数を削減
ベントラーは、エレクトロニクスのスペシャリストであるSilver Atena社と協力して、制御ユニットを備えた系統システムも提供している。

この製品の特徴としては、特に触媒コンバーター内の温度を調整することである。Silver Atena社の電気加熱式触媒と制御ユニットの最適な相互作用により、インターフェースの数を削減することを実現している。

顧客それぞれのニーズに迅速に適応できる事前検証済みのソリューションを提供しており、自動車メーカーの役に立っている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Benteler Press Releases
https://www.benteler.com/en/media/news/detail/new-EU-7/


Amazon.co.jp : 10961 に関連する商品
  • 起亜自動車アメリカ、「K5 2021」の機能を紹介するスタントをオンラインで実施(8月3日)
  • AAM、電動ドライブ技術が「「Baojun E300 Plus」に採用(8月2日)
  • ヒュンダイ自動車アメリカのNPO、新型コロナウイルスの検査センター開設に寄付(8月2日)
  • ブリヂストン・アメリカス、消費者向け交換タイヤ販売&マーケティング部門に新社長が就任(8月2日)
  • ヒュンダイ自動車インド、新型「クレタ」の予約件数が55,000件以上に(8月2日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索