自動車業界ニュース
2020年09月27日(日)
 自動車業界ニュース

豊田合成、ワイヤレス給電の世界的リーダーであるOssiaと提携

新着ニュース30件






























豊田合成、ワイヤレス給電の世界的リーダーであるOssiaと提携

このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車のキャビンなどにワイヤレス給電技術を適用
豊田合成株式会社は、ワイヤレス給電ソリューションの分野で世界をリードするアメリカの新興企業Ossia Inc.,(以下、Ossia)と共同開発契約を締結した。

6334
今回の契約により、Ossiaの「Cota Real Wireless Power」技術を活用し、車両のキャビン、またスマートシティのインフラとして、ワイヤレス給電技術を導入することとなり、より安全で快適な社会のためにワイヤレス給電技術の開発を推進していく。

「Cota Real Wireless Power」の特徴として、良好な電力伝送効率が挙げられる。これにより、指向性のあるマイクロ波で受電デバイスだけに送電し、また、受電デバイスの移動にマイクロ波が追従する。

マイクロ波は人を迂回するため人体に安全であり、認証した受電デバイスだけに送電することで、高いセキュリティー機能を示している。

近距離で複数のデバイスに同時に電力を供給
近年、豊田合成は、自動車業界の大きな変革期に持続可能な成長を達成するために、コア技術を活用するイノベーションにますます重点を置いてきた。

そして、新しい事業を開拓し、自動車製品をCASE/MaaS技術に適応させるという目的で、カギとなる強みとの相乗効果を示す新興企業や研究機関と提携することによって、オープンイノベーションを推進している。

こうした取り組みの1つとして、2014年からワイヤレス給電技術の開発を行っており、2018年には、磁界共振結合を基にしたワイヤレス給電によるLEDを備えた、世界初の自動車インテリアを発売している。

2008年設立のワシントン州ベルビューに本社を置くOssiaは、ケーブルなしで電力を配給する特許取得済みの技術である、「Cota Real Wireless Power」を世界へ提供することを通して、日常生活を改善し向上させることに尽力している。

この世界初の技術は、マイクロ波を採用し、数メートルの距離で複数のデバイスに同時に電力を供給する。この技術は、2019 CESのイノベーションアワードを受賞し、世界的に評価されている。

豊田合成は、2019年9月に、最初のベンチャーキャピタル投資を通じてOssiaとの協力を開始している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

豊田合成株式会社
https://www.toyoda-gosei.co.jp/news/detail/?id=893


Amazon.co.jp : 6334 に関連する商品
  • イートン、GPS機能などのツーインワンデバイス「GFXマシンダイナミクス」を発売(9月27日)
  • ベントラー、北京国際自動車展2020で電気自動車用のローリングシャーシを紹介(9月26日)
  • ブリヂストン「ブリザックLM005」、「ADACウィンタータイヤテスト」で賞を獲得(9月26日)
  • NHTSA「子どもの乗車時に係る安全規制改正」、ヒュンダイ自動車が支持を表明(9月26日)
  • ヒュンダイ自動車、パワートレインテックユニットの新たな上級副社長を発表(9月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索