自動車業界ニュース
2020年09月25日(金)
 自動車業界ニュース

ThyssenKrupp、ベエッカーヴェルト工場にウォーキングビーム炉を新設へ

新着ニュース30件






























ThyssenKrupp、ベエッカーヴェルト工場にウォーキングビーム炉を新設へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車外装などの高級鋼材の表面質を向上
ThyssenKruppは、デュイスブルクの拠点にあるベエッカーヴェルト工場において、熱間帯鋼圧延機「Hot Strip Mill 2」にウォーキングビーム炉を建設するプロジェクトを発表した。

12734
この新しいユニットは、例えば車体の外装に使用されるプレミアムシートの表面品質を大幅に向上させることを目的としている。最初の注文は間もなく行われ、ユニットの完成は2022年を予定している。

ThyssenKrupの経営戦略「Strategy 20-30」では、生産ネットワークのターゲットを絞った最適化、将来の市場と収益性の高い鉄鋼種に向けた製品ポートフォリオの一貫した方向性である。これらには、多相鋼、軽量建築鋼材、高い表面品質の傾斜板などが含まれる。

さらに、高品質の無方向性電磁鋼の生産基盤が強化されており、これはeモビリティにとって不可欠なものである。

ティッセンクルップスチールの最高技術責任者であるArnd Köfler氏は、次のように述べた。
「新しいウォーキングビーム炉によって、我が社の技術的能力が保証され、将来的にも製品の品質により競争力が強化される。この投資を通じて、我が社は、自動車メーカーが、より優れた表面品質を求めることに応えていく。我々は、次世代のハイエンド鋼でも技術的リーダーシップを確保したいと考えている。」(プレスリリースより引用)


スラブ厚板の再加熱・圧延中に表面の欠陥を防ぐ
ウォーキングビーム炉は、スラブ厚板の再加熱および圧延中に表面の欠陥が確実に防止されるようになっている。これは、最大30トンのスラブ厚板における表面損傷を防ぐ特別な昇降装置によって実現されている。

新しい炉が建設される前に、2022年秋から古いユニットの解体を開始する。必要な公的承認が得られた場合、新しい工場はその翌年から建設される予定。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ThyssenKrupp Press Releases
https://www.thyssenkrupp.com/


Amazon.co.jp : 12734 に関連する商品
  • ボルグワーナー、フォルクスワーゲンニーヴァスにB01ターボチャージャーを供給(9月24日)
  • 2020年末に発売開始予定の起亜自動車「ソレント」がSUVの新たな基準を生み出す(9月24日)
  • ヒュンダイ自動車、高性能モデル「ソナタ 2021 N LINE」を初公開(9月24日)
  • マンウントフンメル、分子ろ過技術のhelsa Functional Coatingを買収(9月24日)
  • ZF Friedrichshafen、日産から2020イノベーションアワードを獲得(9月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索