自動車業界ニュース
2020年09月25日(金)
 自動車業界ニュース

ボルグワーナー、フォード「マスタング・マッハE」に統合ドライブモジュールを提供

新着ニュース30件






























ボルグワーナー、フォード「マスタング・マッハE」に統合ドライブモジュールを提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
供給に向けて生産中
8月5日、ボルグワーナーは、米フォードの新型EV(電気自動車)「Mustang Mach-E(マスタング・マッハE)」向けの統合ドライブモジュール(iDM)を提供すると発表した。

新型マスタング・マッハEは、フォードを代表するスポーツカー「Mustang(マスタング)」シリーズのSUVタイプの電気自動車となる。最新の統合ドライブモジュールを搭載することにより、高性能で環境に配慮した走行が実現される。

5262
ハイパフォーマンスかつエコフレンドリーな走行を
統合ドライブモジュールには、ボルグワーナーの熱管理システム、モーターとパワーエレクトロニクスが統合されたギアボックスが搭載され、ボルグワーナーが有するシステムインテグレーションの専門性が示される。

今回、スケーラブルでモジュール式のアプローチを活用し、フォード向けにカスタマイズ化されたドライブモジュールを提供する。

フォードの厳しい要件を満たし、高効率トランスミッション「eGearDrive」とは異なり、統合ドライブモジュール内にギアリングが組み込まれ、平行軸歯車は使用しない。同心円設計が特徴的であり、電気モーターと同軸上にて出力され、パッケージがよりコンパクトになる。

パワードライブシステムズ社長兼ジェネラルマネージャーのステファン・デメール(Stefan Demmerle)博士は、車両電動化において統合ドライブモジュールの重要性は増すが、システムインテグレーションのノウハウ、ギアリングの専門性により、簡単に組み立てられ、静音かつ使い勝手が良い統合ドライブモジュールを設計できると述べる。

また、マスタング・マッハEをはじめ、ボルグワーナー製の統合ドライブモジュールは、ドライバーが求めるエコフレンドリー、スリリングな乗り心地を実現させ、フォードとの提携を通して、高性能電動車両市場に対して高品質、クリーンで効率的な推進ソリューションを提供できるとコメントする。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

BorgWarner
https://www.borgwarner.com/
Amazon.co.jp : 5262 に関連する商品
  • ボルグワーナー、フォルクスワーゲンニーヴァスにB01ターボチャージャーを供給(9月24日)
  • 2020年末に発売開始予定の起亜自動車「ソレント」がSUVの新たな基準を生み出す(9月24日)
  • ヒュンダイ自動車、高性能モデル「ソナタ 2021 N LINE」を初公開(9月24日)
  • マンウントフンメル、分子ろ過技術のhelsa Functional Coatingを買収(9月24日)
  • ZF Friedrichshafen、日産から2020イノベーションアワードを獲得(9月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索